こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、結婚する前の内縁関係の時の寄与は、寄与分として

 

認められるか? ということについて書いてみたいと思います。

 

答えは、認められます。

 

ここで、一応 寄与分というものがどんなものだったか見ていき

 

ます。寄与分とは、被相続人の財産の維持または増加につき

 

特別の寄与をした者がいるときに、本来の相続分とは別に

 

その寄与した分を相続財産から取り除いて寄与した人に

 

与えます。特別の寄与というのが重要な点ですので、妻として

 

貢献したなどというのは寄与分に含まれることはありません。

 

相続人でない者(内縁の妻等)は相続財産に寄与しているという

 

ことが多々あるでしょう。しかし、内縁の妻は相続人では

 

ありませんので、寄与分を認めるということはありません。

 

もし、これを認めてしまうと相続人でない人が相続人になることを

 

認めてしまうことになります。可愛そうだと思う方も多いのでは

 

ないでしょうか?

 

しかし、内縁の妻が実際の相続人になれば内縁の時の寄与も

 

認めるというのは裁判所は妥当だと判断しているようです。

 

現在の状況は、なるべく寄与分を認めようとする流れにあります。

 

以上、結婚する前の内縁関係の時の寄与は寄与分として

 

認められるか? ということについて書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いいたします。

http://yokosuka-gyoseishoshi.com/