こんにちは!

 

ブログ村に参加しています。ぽちっと押していただけると

 

うれしいです。

 

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

 

 今回は、甥、姪が相続権を持つことがあるか? ということに

 

ついて書いてみたいと思います。結論は、あり得ます。

 

中には、一度も会ったことがないということもあるかもしれません。

 

そんな甥、姪でも民法は認めているのです。

 

戦前における家族制度の下では、家督相続は原則長男が単独で

 

相続するというものでした。配偶者に今のように相続する権利が

 

認められるようになったのは、戦後のことです。

 

ここで、法定相続分についてみていきます。

 

まず、最初に考えるのは、配偶者と子供がいる場合です。

 

この時は、配偶者1/2、子供(全員で)1/2です。

 

次に、子供がいない時は、配偶者と直系尊属になります。

 

この時は、配偶者2/3、直系尊属(全員で)1/3になります。

 

更に、直系尊属もいない時は、配偶者と兄弟姉妹となります。

 

この時は、配偶者3/4、兄弟姉妹(全員で)1/4になります。

 

この兄弟姉妹も亡くなっている時は、代襲で甥、姪に相続権が

 

いきます。ここで、甥、姪が出てきます。

 

夫婦で築いた財産であれば、配偶者がすべてを相続するのが

 

筋のように思えますが、すべての財産を先祖代々受け継いで

 

いる時は、血族が相続するのがいいように思います。

 

現在の民法は、この両方の考え方を踏まえたうえで、配偶者と

 

血族が両方とも相続するとしたようです。

 

もし、法定相続でなく違った割合で財産を渡したいと考えるのなら

 

遺言ですることになります。ただし、兄弟姉妹や、その代襲者で

 

ある甥、姪は血のつながりとしては遠いので民法では遺留分

 

(最低限の取り分)がないことになっています。

 

以上、甥、姪が相続権を持つことがあるか? ということについて

 

書いてみました。

 

私のホームページアドレスです。よろしくお願いします。

http://yokosuka-gyoseishoshi.com/