手賀沼フィッシングセンターで、ニジマス釣り | オバタリアンの! 川崎食べ歩き

オバタリアンの! 川崎食べ歩き

川崎区を中心に 主婦の食べ歩き

注:手賀沼フィッシィングセンターは、  2017年

もう無くなってしまったそうです。





春休み。

釣りをしてみたいという息子を、 父母が、釣り堀に連れて行ってくれました。



JR常磐線に乗り、 天王台で、下車。

待ち合せしていた両親の車に乗り、 駅から車で20分。



  「手賀沼 フィッシングセンター」 です。



最初に、受付らしいログハウスで、 「ニジマス釣りをやりたい」と伝えると

一人 千円を払い、  貸し竿と、餌(うどん)と、魚を入れる網を、渡されます。



いざ、 釣り堀へ~。       (右奥の建物は、食事処)


オバタリアンの! 川崎食べ歩き



娘は、金魚つり。  こちらは、時間制限有りで、 30分 500円。(貸し釣竿、餌代込)



オバタリアンの! 川崎食べ歩き

  ↑ 金魚の釣り堀。     



めっちゃ 小さい釣針で、  これだけ、釣りました。



オバタリアンの! 川崎食べ歩き


二匹は、持って帰れるそうですが、   うちには、 猫がいるので、リリースしました。




今度は、 ニジマスの釣り堀へ。   餌を、別料金のミミズにすると、釣れ始めました。


オバタリアンの! 川崎食べ歩き

やはり、 餌は うどんよりミミズの方が釣れますね。   わたしは、 絶対 さわりたくないけど。


最初は、「おじいちゃん ミミズ付けて」と言っていた息子。

「だめだよ、自分でつけなくちゃ」と、 教えられ、 何度も付けているうちに慣れてきた様です。





釣った魚から 針を取るのも、 うまくなってきた。



オバタリアンの! 川崎食べ歩き




5匹  釣りました~。    初めて、こんなに釣れたので、 嬉しそうな笑顔。



オバタリアンの! 川崎食べ歩き


「釣った魚は、 釣り堀に戻すの?」と、私が 聞くと、

「ダメだよ。 弱ってるんだから、死んじゃうよ。戻すのはダメ。  全部買い取り。」  

受付に持って行って、  「いくらですか?」 値段を払います。


「ワタをとってください。」と、お願いすると、 取ってくれます。(ウロコは自宅で、自分で)


ログハウスの前に テーブルセットが有るので、 おにぎり食べて、





敷地内の、 コイに、 エサ(100円)をあたえて、子供は大笑い。


ビチ ビチ ビチ ビチ~。



オバタリアンの! 川崎食べ歩き


家に帰ってから、 塩焼きにしました。  臭みも、 ヘンなクセも無く、おいしかったです。


「変なクセ、って何?」と、言われると、

昔、 父が 江戸川(東京と千葉県の県境の川)で、釣ったスズキを、食べたら、  

江戸川の 臭みがして、 食べれなかったから。  

水遊びしてた時に飲んじゃった江戸川の味~。 

子供の頃、江戸川(川幅の広い中流)で泳いでたってのは 今考えると、危険だった様な・・・。




次の日の 両親とのお昼は、 松戸の くら寿司。



オバタリアンの! 川崎食べ歩き


私は、ここのお気にりは、エビ天ぷら。105円。


エビの大きさは、5cm位と、小ぶりだけれど、2本で 105円。  そんで、熱々♪
食べてたら、 息子も、「ちょうだい!! おいしい!」  息子にも、両親にも好評でした。
まずは、ハマチに、えんがわ、サーモン を食べてから、

変わり寿司に突入するのが、好き。
気に入ってる
「まぐろゆっけ」    これ、好きなのです~。 
食べた事が、無い 「ぽん酢ジュレ  イカ」も、食べてみました。
イカは、肉厚で ムチッとしていて、美味しい♪  ポン酢 ジュレ と合います~。





くら寿司と行ったら、 ガチャポン。  前回、惨敗だった私達。  今回は、2回あたりが出ました~。



「ソフ寿司 ストラップ欲しい~!!」と、目をかがやかせる私。
ガチャガチャの中に入っていた物。 今回は、 くら寿司のキャラクターのストラップと、
名探偵コナンの 缶バッジれした。

2013年3月27日 くら寿司ランチは、 大人3人子供2人で、4千円代。  ごちそうさまでした~。