ようこそ!

初めての方は、はじめに をご覧になっていただけたらと思いますニコニコ

 

 

現代は昔と違って、いわゆる

『結婚適齢期』

というものが無くなってる?ように

感じるので、お母さん方の年齢も

非常にまちまちです。

 

昔、それこそ昭和の時代には

『結婚適齢期』というものがありまして、

まぁ20代前半~半ばくらいを言う

でしょうか。

なので20代後半にもなると、

「あら、誰々さんちのナントカちゃん、

まだお嫁に行ってないんですってよ」

みたいに噂されることもありました(笑)

 

そして、30歳からの出産は、

『高齢出産』と呼ばれていました。

現代では35歳~になりましたけどね。

ホント、今では40歳くらいで産む方も

結構いて、保育園にお子さんを預けている

お母さん方も、年齢に幅があります。

 

 

 

 

母親の年齢によって、子育てや子どもに

違いはあるのかというと…。

個人の性格による部分が大きい

ため、一概に若いお母さんだから、とか

年齢が上のお母さんだから、とか

で、くくることができません。

 

「え~、なんだー」

って声が聞こえなくもない(笑)ので

少しだけ私見を書きますと…。

 

 

◆若いお母さん

長所→アクティブで前向き。一生懸命。

短所→自分の都合を優先にしがち。

 

若いママは明るく前向きで、子育てを

頑張っているのが伝わってきます。

ちょっと勢いに任せてる部分も否め

ませんが、素直に話を聞けますし、

「じゃあ、こうしよう」

と工夫していこうとする姿勢が見えます。

しかし、子育て以外にやりたいことが

たくさんあるようで、自分のやりたいことや

都合を優先させてしまう部分もあります。

 

 

◆若くない(←スミマセン)お母さん

長所→余裕をもって子育てできる。

短所→子どもを甘やかしがち。

 

それなりの年齢のママは、心は勿論の

こと、経済的にも余裕をもって子育て

することができます。

家族や家庭環境が落ち着いていることで、

子ども自身も落ち着いた子になることが

多いです。

ただ、子どもを甘やかす傾向にあり、

駄々をこねられると、「仕方ないなぁ」と

ばかりに言うことを聞いてしまって、結果

子どもに甘く見られてしまいます。

 

 

…と、いろいろ書いてみましたが、

これはあくまでも傾向であって、絶対では

ありません。

 

上記でも書きましたが、

 

年齢よりも、個人の性格に

よる部分が大きい

 

と、再度書いておきますね。

 

 

 

 

Twitterはこちら→ https://twitter.com/NORIKO39158856

 

 

↓よろしければポチっと応援お願いしますm(__)m


子育て情報ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村