ようこそ!

初めての方は、はじめに をご覧になっていただけたらと思いますニコニコ

 

 

 

これは1回の記事だけでは

終わらないと思うので、

何回かに分けて書くように

なると思いますが……。

 

何の話かと言いますと、

社会問題でもある、

「いじめ」の話です。

 

 

 

 

教員時代にも、いじめ、と断定して

しまうのは色々難しいところがあり、

「いじめがありました」

とは言い切れないのですが、

嫌がらせであるとか、

友人関係のトラブルはありました

とはハッキリ言えます。

 

むしろ、

 

そういった生徒間の問題が

なかった学校は、

ひとつもありませんでした。

 

今回、いじめに関する話で

書きたいのは、当の本人たち、

つまり生徒ではなく、親御さんの話。

 

学級担任をしていたとき、きまって

春から夏にかけて、家庭訪問があった

のですが、その際、親御さんから、

 

「うちの子がいじめられるんじゃないか」

 

という心配をしていると、何軒もの

お宅で聞いたのですが、

 

「うちの子がいじめるんじゃないか」

 

という話をされたことは、

ただの一度もありませんでした。

 

 

やはり親というものは、

子どもを一番に思っていて、

子どもを信じているのだなぁと

常々思っていましたが、実際は

そんな風に思っている親御さんの

息子や娘が、

誰かに嫌がらせしたりしているのが

事実だったりします。

 

誰かに嫌がらせをするような子は

いかにも意地悪そうな顔で、

いかにも嫌がらせをしそうな子では

ありません。

至って普通で、可愛らしい顔をして、

家に帰れば、

誰々さんちの可愛い、ナントカくん、

ナントカちゃんです。

 

そして、

実際にいじめと思われるトラブルに

なった場合、

嫌がらせをしていた方の子の

親御さんと話をすると、

「でも、相手の子からも悪口を

言ってきたそうじゃないですか」

とか、

「うちの子だけじゃなく、相手の子

も蹴ってきたと言ってますけど」

とか、

「一緒にふざけてただけだそうです」

と話されたりします。

 

どうして素直に、

「そうですか」

と認めることが出来ないんでしょうかね。

…やっぱり我が子は可愛いのでしょう。

 

 

いじめは、というか、

いじめと思われるようなトラブルは

どこの学校にでもあると思います。

 

「もしかしたら、

自分の子どもが誰かに嫌がらせを

するかもしれない」

と、少しでも思ってもらえると、

大分違うのではないでしょうか。

 

子どもは、大人の目からだけでは

分からない世界を持っていたりします。

家にいるときの姿とは違う姿を、

学校では見せているかもしれません。

 

自分の子どもの話だけを

鵜呑みにせず

冷静に他人の話を受け入れられる

親御さんになって欲しいと思います。

 

 

 

※いじめの話は、また時折書いていきますね。

 

 

Twitterはこちら→ https://twitter.com/NORIKO39158856

 

 

↓よろしければポチっと応援お願いしますm(__)m


子育て情報ランキング

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村