誰が!誰と!どうした!? | 勉強に対して謙虚であり続ける為のおぼえがき 〜行政書士試験 社会人・主婦受験生サポートブログ〜
民法は、
論理で進める。

だから感情だけで考えてはダメ!
感情を抑えて冷静に検討する順番を考える。
常に沈着冷静な大人の思考なのさ フッ

つーことで、
→誰がどんな私法上の行為をしたか?
→相手はいるのが?誰なのか?
→どうなるのか?
→第三者はいるの?誰なのか?
→どうなるのか?
と感じで考えると良いんでないかい。

だいたい民法が嫌いな人は、
この順番を考えずに知識を使おうとする。
すると色々な知識が混線する。
頭の中がうわーってなる。

こんなのわけわからん!
って感情的になる。

常に沈着冷静にだよ。