基礎力完成マスター 民法1ー3 | 勉強に対して謙虚であり続ける為のおぼえがき 〜行政書士試験 社会人・主婦受験生サポートブログ〜

いよいよ行政書士試験の柱

民法がはじまりました!

 

今までの憲法の復習が!?

と感じている方も気持ちをリセットし

新たなチャレンジを始めてください!


--------------------------------------------------------

民法から合流の方は、

基礎力完成マスター憲法の1回目

教材の説明講義の受講復習方法

ついてご説明していますので

ご確認ください。

--------------------------------------------------------

 

では、今回もチェックいってみよー!


民法の学習

3つの大切にしたいこと

学習の難しさ

学習方針

 

Part1 序説

Chapter1 民法の基本構造

Section1 民法の全体構造

私法の一般法・実体法

民法典の構成は都度確認しながら覚えること 


Section2 民法の指導原理

私的自治の原則とは?

民法の役割とは?



Chapter2 私権の行使

Section1 私権の意義

Section2 私権の制限

私権の意義から制限の流れで

 理解しておくこと

宇奈月温泉事件




Part2 総則

Chapter1 権利の主体

Section1 はじめに

Section2 人(自然人)

権利能力 意思能力 行為能力

 整理しておく

権利能力の始期と終期は?

胎児に権利能力はあるのか? 原則・例外

胎児についての例外

停止条件説の場合

胎児の時に親は胎児の請求を代理行使できるか?

「みなす・擬制、推定」を整理

失踪宣告

善意・悪意

意思能力がない法律行為は有効?無効?

制限行為能力者制度はどんな制度?目的は?

制限行為能力者の種類を挙げる

未成年者の行為の効果

 原則:

 例外:

未成年者の保護者は?

保護者の権限4つとその内容を記憶

未成年者は制限行為能力者制度の基礎!
あやふやにしない

成年被後見人・被保佐人・被補助人は
「事理弁識能力の程度が違う」ことを認識。

それによって行為の効果や保護者の権限に
違いがあることを意識して学習を進める。

一回の復習で完璧を目指さないこと

補佐人の同意権13110 号は丁寧に

被保佐人・被補助人の本人の同意の整理

 丸暗記でなく意義から導く

取消権は誰が持っている?

取消しの効果 制限行為能力者は?

  相手方は?

同意権・取消権・追認権 

▪︎制限能力者の相手方を保護する制度

制限行為能力者と取引をした相手方

相手の保護としての制度4つ

相手方の催告権で確答がない場合の効果 

   3つ

詐術を用いた制限行為能力者の取消権は?

 具体例2つ


ハイ、おしまい!


今回は対応問題も少なく復習が終わらない

と言うことはないでしょう。

基礎の復習を一度丁寧にやってみるのも

良いですね。

また、条文をひくこともお忘れなく


次回は、

Aランクテーマの「意思表示」に突入します。

あなたが今まで言っていた冗談が冗談で

済んでいたのは相手のおかげなんですよ。

なんて話をしていきます。


では、

今週も復習頑張ってまいりましょう!