会社が変われば社員も変わる!

京都で社会保険労務士をしております「京都労務サポートオフィス」の老松範子です。

ワークライフバランスやメンタルヘルスを通じて、元気な会社作りのお手伝いをしていきます!


テーマ:
先日、ある個人事業主のお話を伺いました。

「忙しくて徹夜する日も少なくない・・・働きすぎなのはわかっているけど、仕事だからしかたない。
」としょぼん

ワークライフバランスもあったもんじゃありませんガーン

その方は1人で建築関係の仕事をされているのですが、以前はいた従業員と事務員がいなくなり全部お1人でされています。

従業員がいたときは楽だったかといえば、反って二度手間になってしまうことがあり、いないほうがマシだったそうです。

事務員さんにしても同様なようで人を雇うリスクが大きすぎるという現実があるようです。


従業員を採用するのには費用もかかりますし、いい方が来てくれるかどうかわからない、また戦力になるまでには時間もかかるなど、たくさんのリスクが発生します。

雇ってもすぐにやめてしまわれると仕事が回りませんショック!

もし、今、会社のために頑張ってくれている従業員がいるなら、できるだけ長く働いてもらうことが会社にとって大切なことです!!

そのための取り組みはできていますか?



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ここをポチッとお願いします
   ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、「改正育児・介護休業法」が参議院で可決され、成立しました!!


概要については以下のとおりです目

・3歳未満の子どもがいる従業員を対象にした短時間勤務制度(1日6時間程度の短時間勤務)の整備を企業に義務付ける。

・3歳未満の子どもがいる従業員を対象にした残業免除の希望に応じることを企業に義務付ける。

・共働きの両親がともに育休を取得する場合、取得期間を現行の子どもが「1歳になるまで」から「1歳2カ月まで」に延長する

・要介護状態の家族の世話に利用できる年5~10日の介護休暇を創設する。

以上については1年以内に試行。


・育児休業を理由に不当解雇する、いわゆる「育休切り」などをし、厚労相の勧告にも従わない場合、企業名を公開する

これについては3ヶ月以内に試行。




改正育児・介護休業法の施行によって、今までより仕事と育児の両立がしやすい環境になればいいですねクローバー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
4ヶ月ぶりに社労士会の研究会に出席してまいりました!!


9月に参加して以来、お仕事と重なってしまってずっと行けませんでしたあせる


本日は就業規則の「私傷病休職規程」について。


私傷病とは仕事中や通勤中の怪我や病気以外のもの、つまりプライベートな時間中の怪我や病気です。
この休業規程については就業規則では必ず定めなければならないものではないとされています。


その会社の規模や資本、業種などによって定めたほうがいい場合、そうでない場合があります。


ないよりあったほうがいいのでは?などと思いがちですが、一概にそうは言えないこともあるんですね。


就業規則はそれぞれの会社に合ったものでなければ役に立ちません。
ひな形の就業規則を使われている会社は見直してみることをお勧めしますビックリマーク
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。