部下の頑張りを評価する | 会社が変われば社員も変わる!

会社が変われば社員も変わる!

京都で社会保険労務士をしております「京都労務サポートオフィス」の老松範子です。

ワークライフバランスやメンタルヘルスを通じて、元気な会社作りのお手伝いをしていきます!


テーマ:
部下に心を開いて話をしてもらうには、普段から、

「この人は自分のことをちゃんと見ててくれている。」

という認識を持ってもらうことが重要ですビックリマーク


そのためには、部下の努力評価することも必要になってきます。

仕事は結果が重要視されます。

結果がでなければ、数字にならなければ認めてもらえないことが多いです。


しかし、部下は、その結果に行き着くまでのプロセスで頑張ってきたことを

「褒めて欲しい。」

そう思っているのですニコニコ


「結果にはつながらなかったけど、毎日頑張ってくれていたね。そのおかげで・・・」

などというふうに言ってもらえた部下は、

「ちゃんと見ててくれる。」

と信頼感をよせるようになるのですラブラブ




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


昨年12月に受けておりました紛争解決手続代理業務試験(特定社労士試験)ですが、合格しておりました音譜
ダメだろうな~と思いながら官報を見たら番号が載ってましたビックリマーク

ホッとしました。




最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
ここをポチッとしていただけたら元気100倍です!
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

理系女性社労士 京都労務サポートオフィスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス