子宝に恵まれたい方必見!山梨にある「夫婦木神社」のご神木のご利益がすごい!! | blue GARDEN 99 &…

blue GARDEN 99 &…

ガーデニング大好き!特に寄せ植えを中心にご紹介してます♪
& お弁当や旅行記も時々。

 

 

 

すっかり秋めいてきた今日この頃、

 

みなさん、いかがお過ごしですか?

 

 

 


こんにちは!


神社仏閣大好き♡

 

御朱印ガールの のりママ です。

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、

 

2019年秋にお出かけした

 

岐阜から長野、山梨を巡る旅のプランです。


これからの旅の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

旅3日目。

 

本日は、山梨のパワースポットへと

 

参りましょう 車

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!


神社仏閣大好き♡

 

御朱印ガールの のりママ です。

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは、

 

山梨県にある

 

「夫婦木神社」という恋愛パワースポットです。

 

 

 

 


実はそのご利益を求めて、

 

日本全国からお詣りに来るというのですが、

 

どんなところなんだろう… ワクワクします♪

 

 

 

 

 

と、その前に。

 

 

 


せっかくなので、

 

先にすぐ側にある

 

こちらも有名なパワースポット!

 

「金櫻神社」(かなざくらじんじゃ)に立ち寄りました。

 

 

 

 


甲府の名勝「昇仙峡」を

 

登りつめた地に鎮座する

 

金峰山を御神体とした神社です。

 

起源は約2000年前、

 

各地に疫病が蔓延した折、

 

諸国に神を祀って

 

悪疫退散と万民息災の祈願をし、

 

甲斐の国においては金峰山山頂に御祭神である

 

少彦名命(すくなひこなのみこと)を

 

祀ったのが始まりとされています。

 

 

 

 


ゆえに金峰山山頂に本宮があり、

 

こちらは里宮にあたるそうです。

 

御神宝は、

 

この地で発掘され磨き出された

 

水晶「火の玉・水の玉」で、

 

本殿には「昇・降龍」が奉納されており

 

神社に縁の深い水晶を

 

尾に絡ませているとのことです。

 

 

 

 


金運のご利益があるとあって、

 

日本全国から参拝に訪れるようです。

 

 

 


こちらも素敵な神社さんなので、

 

ぜひ、併せてお詣りをどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その金櫻神社の鳥居から

 

100mほど下った先にあるのが、

 

お目当てのこちら!「夫婦木神社」さんです。

 

 

 

 

実は、こちらは夫婦木神社は

 

”上社(男宮)”でして、

 

2キロほど下がった場所に

 

対になる「夫婦木神社姫の宮」があって、

 

そちらが”下社(女宮)”と言われています。

 

 

 


上社は高台にあり、

 

うっかりすると通り過ぎてしまいますので、

 

注意しながら向かいます。

 

 

 

 

では、早速、行ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥居をくぐり、

 

階段を登った先に拝殿があります。

 

 

 

 

先程の金櫻神社とは打って変わって、

 

ひっそりとした、

 

それでいて凛とした空気が気持ちいい空間です。

 

 

 

 

縁結び・子宝の霊験があるといわれる夫婦木神社。


霊木といわれる夫婦木は

 

樹齢1000年の栃の木で、

 

胴回り10m、内部は空洞になっています。

 

 

 

 

古より、男女が参詣して祈れば必ず結ばれ、

 

子宝の欲しい夫婦が揃って祈願すれば

 

必ず授かるといわれる、

 

霊験あらたかな結びの御霊木です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、こちらの御霊木は、

 

山奥にあったものを切って

 

こちらにお祀りしたそうです。

 

 

 

この御霊木に祈願すれば

 

必ず成就すると諸人の信仰厚く、

 

武田信玄公以来今日まで、

 

和合・生産・繁栄・結びの神として崇められてきました。

 

 

 


そう、500年前からずっと愛されていたのです。

 

 

 


御祭神は、

 

夫婦神の伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、

 

伊邪那美命(いざなみのみこと)の2柱。


恋愛パワースポットたる所以です。

 

 

 

 

この日も若いご夫婦が

 

子宝に恵まれるようにと、

 

祈願されておりました。


無事、お子さんを授かった際には、

 

お礼詣りに来る習わしとなっているようです。


安産祈願の腹帯などもありましたよ。

 

 

 

 

御霊木は奥殿に安置されていて、

 

拝観料は300円。

 

写真撮影は禁止となっております。

 

 

 


その姿は、まさに自然の神秘と言える姿で、

 

一見の価値ありです。

 

行かれた際にはぜひお詣りしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらにお詣りされたら、

 

忘れずに御神水もいただきましょう。

 

 


この辺りは、富士の伏流水が多く、

 

大地のパワーもいただけるのでご利益も満点です。

 

 

 

 

また「胤明の井筒」なるものも…


長年お仕えしてきた

 

千葉胤明先生の庭内にあった

 

愛借の井筒だったとされ、

 

物故され萬十七年生前の遺徳を偲び、

 

胤明の井筒として境内に移したとあります。

 

手と身体を浄めて、

 

悪いものを浄化しちゃいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、先程の奥殿にお祀りされている

 

御神体は撮影NGなのですが、

 

参道途中にあるこちらのケヤキの木は

 

写真に収めることができます。

 

 

 

 

こちらの御神木は、御神体をお祀りしたあと、

 

幹に自然と女性のシンボルが現れたという、

 

とても不思議な木なのです。

 

 

 


しかも、両面にそれがあるので、

 

お詣りの際は忘れずにチェックしましょう。

 

 

 

 

これで恋愛成就、

 

夫婦円満は間違いなし!ですよ。

 

ウインクラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、秋の紅葉の時期でしたので、ぐるりと回って

 

金櫻神社さんから市内に下る形で行きました。

 

 


これだと、市内から昇仙峡に行く渋滞を

 

回避できるのでおすすめです。

 

 

 

 

また、先程ご紹介した

 

「夫婦木神社姫の宮」は

 

昇仙峡の入口付近にあります。


紅葉の時期を外せば、

 

男宮をお詣りした後にこちらにも行けますので、

 

併せてのお詣りも可能ですよ。

 

 

 

 

 

今回は、この辺りで。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

よろしければ、1日1クリックお願いします♪

 


人気ブログランキング

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村