24、25日は母の通院の付き添い。
先週は二泊三日の母の検査入院の付き添い。

明日25日は朝一番の予約だし、病院が家から近いこともあって我が家にお泊りになりました。

介護に向かない我が家。
お風呂も入り口の段差と深いバスタブが大変だったり。
そもそも玄関を車椅子が乗り越えられませんでした。

布団を並べて寝ていますが、母がトイレに行く気配で目が覚めてしまい眠れない私。

眠れない私はブログを書いています。

お家で介護されている方を尊敬します。
私には無理…。

母は大腸癌ですが、自分の病気をあんまり認識していなくて。
私が連れにくるから、仕方なくきている感じです。

何もしないのもひとつの方法ですが、腸が塞がると辛いので手術で切ることはしようかと思っています。

明日病理検査とCT検査の結果がでるので、いろいろ決まる予定です。

年齢相応というか、痴呆症なのか。
考え方の癖なのか。

母は自分の人生なのに、主体性に欠けています。

今年の10月に介護付き住宅に引越した時も、
「娘に迷惑をかけるから引越しする」なんて考えてたら、エライことになるよ〜と私が言うと首をすくめていました。

私関係ないねんよ。
できないことが増えてきた自分のための引越しやからさ…。




今年は半分くらい母のこと。
同時進行に会計のフリーランスの仕事への切り替わりでした。

揺り戻される感覚を味わいながら。
感情を扱うことを学んでいて良かったと実感しています。

来年はより自分らしく、居心地よく仕事ができる環境を作ることを目標に。

そして、いくつになっても
主体的に生きたいと思います。