前回の続き。

 

右膝が曲がりにくくなって歩きづらくなっているので、

足との対話をしましたって話。

 

多分3部作。最終回にしたいところ。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

膝は、パートナーシップを表します。

そして、右側。

 

柔軟性がなく、自分が正しいと強く主張。

パートナーとの方向性の違いに対する不満。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

この辺りをみて自分でもぴったりはまった感じなんですが、足が完全には戻らず。

 

向き合いも間違ってはないけど、もう一歩ってところでしょうか。

 

思うように歩けないって結構体力がいるので少々お疲れ気味になりました。歩道橋も一段ずつ登って降りるので時間がかかります。

 

でも負けない!って思う。

 

 

信号待ちしながら、ふと思ったんだけど。

 

パートナーって。

夫じゃなくて…。

 

会社だったりしてーDASH!

 

 

あぁ~ あぁ~

 

会社かぁ~。

 

会社だ!

 

 

会社に不満があって。 あるんかいっ!

経営陣の発想についていけない。

 

 

自分の中で、ずっと折り合いをつけてきたけど。

正直しんどくなってきた。

 

 

会社の方向性との違い。

言えない、言ってもしょうがないこと。

 

 

でも私がフツフツと考えないといけないことだろうか。

会社がどうなろうと経営者が考えればいいことだし。

 

 

私が悩まなくてもいいことなんじゃないか。

いつの間にか、自分を越えて関わったかもしれません。

 

 

 

自分の仕事へのスタンス。

会社での在りたい自分が乱れてきたようです。

 

 

もう一度。

在りたい自分を確認する。

 

 

しばらくは、そこに意識をおいて様子をみます。

正解なら足はスムーズに動けるようになるはず。

 

 

 

って書いたら落ち着いてきた。

流されず、自分らしく働こう。