◆白血病からの社会復帰(あらすじ6)第80話~第86話 | 幸せな就職転職・働く人生(キャリア)~大阪のキャリアコンサルタント木村典子

幸せな就職転職・働く人生(キャリア)~大阪のキャリアコンサルタント木村典子

就転職・仕事の悩み解決6000人以上、キャリア関連セミナーや授業・研修の企画監修・講師実績1600件以上。熟練レベルの国家資格も所持し、5雇用形態と20職種・白血病克服経験のキャリアコンサルタント木村典子が、経験と専門知識に基づいて「幸せキャリア」のヒントを綴ります

幸せな就職へキャリアコンサルタント木村典子です♪

白血病からの社会復帰シリーズ、第80話~第86話のあらすじです。

※「白血病からの社会復帰」シリーズが初めての方は、コチラ を先にお読みくださいひらめき電球
※なぜ闘病からお伝えしているかは、こちらへ

**************
(他のあらすじは、こちらです)
*あらすじは、同じウインドウで移動します。

★あらすじ1(第1話~第45話)  

★あらすじ2(第46話~第54話)

★あらすじ3(第55話~第62話)  

★あらすじ4(第63話~第72話)

★あらすじ5(第73話~第79話)

*************
【白血病からの社会復帰(第80話~第86話)あらすじ】

あらすじ5 の続きです。

2001年9月11日、急性骨髄性白血病で緊急入院(第5話) 以来、1年4カ月に及ぶ入院生活にピリオドを打てたのは、2002年12月。クリスマス直前でした。

病院から家へ向かう途中、真っ先に立ち寄ったのは、何と・・・ココ(第80話)

1年以上の入院中、ずっと失っていた「選ぶ自由」を、満喫したかったんですよね。

- - - - -

退院と言っても、
移植後のGVHD (拒絶反応のようなもの)を押さえるため、免疫抑制剤を飲んでいましたし、白血球も、まだ赤ちゃん白血球状態。

人ごみ厳禁。
ナマモノ厳禁。
、、、制限は、やはり、まだまだ多くありました。

そして、何より、異常なくらいに体力が落ちた私が、そこにいました。(第81話)

10分間、続けて歩くのが、やっと。階段も、一段ずつ、片足ずつ、ゆっくりしか上り下りでいない。

日常生活の体力を取り戻すところからスタートの、自宅療養生活が始まります。

- - - - -

、、、しかし、それも束の間。

ひらめき電球退院2カ月後、体の異変に気付いた私は、すぐに主治医に電話。

帯状疱疹で、再び、緊急入院になります。第82話)

通常の免疫力なら、帯状疱疹は通院治療で十分です。しかし、当時の私の免疫力は、通常の30%程度。

帯状疱疹でも、入院が必要と言う主治医の判断でした。

- - - - -

白血病治療・骨髄移植で入院していた病院は、その時、あいにく満床。

他の病院への緊急入院になりました。

すると、、、
案の定、通常の薬の量を、点滴で投与しても、治るどころか症状は悪化するばかりあせる

もしも、緊急入院していなかったら、せっかく骨髄移植 で、ドナーさんに頂いた命を失ってしまうところでした。(第83話)

血液疾患の患者さんだけでなく、総合内科の病室への入院だったこの時、

当たり前の健康のありがたさ(第84話) 、高齢化に向かう介護の問題(第85話) 、いろいろなことに気づかされる再入院生活になりました。

約1か月の入院後、「いざ!退院!」の帰りの車の中で、思わず叫んだのは、この言葉(第86話)

絶対に生きる!、その強い想いが、私に叫ばせた瞬間でした。

第87話へ つづく・・・

あらすじ7は、こちらへ

**********
【シリーズ目次】

【目次1】発病前のキャリア~緊急入院~無菌室での闘病

【目次2】移植するのかしないのか~右足の手術

【目次3】移植直前~骨髄移植~GVDH~退院  

【あらすじ】
(あらすじ1)第1話~第45話

(あらすじ2)第46話~第54話

(あらすじ3)第55話~第62話

(あらすじ4)第63話~第72話

(あらすじ5)第73話~第79話

・・・・・・・・・・・・・
【幸せな就職のための具体的スキル記事】
◆就活/転職FAQシリーズ(目次)

【働くを楽しむための記事】
■どんな仕事も楽しめる♪目次集【1~67話、番外編1~54】

*********
最新の記事一覧へ
 ※公式ホームページへ  


ハッピーに働いて、ハッピーに生きる。

幸せな就職へキャリアカウンセラー木村典子


読者になる

※症状などは私の場合の経験談で、白血病の症状を説明しているものではありません。また白血病に関する内容も、元患者の私の理解の範囲で、正確なものではありません。病に関しては、専門医にご相談くださいませ。

木村典子キャリアコンサルタント大阪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント