◆白血病からの社会復帰(あらすじ3:改訂版)第55話~第62話 | 幸せな就職転職・働く人生(キャリア)~大阪のキャリアコンサルタント木村典子

幸せな就職転職・働く人生(キャリア)~大阪のキャリアコンサルタント木村典子

就転職・仕事の悩み解決6000人以上、キャリア関連セミナーや授業・研修の企画監修・講師実績1600件以上。熟練レベルの国家資格も所持し、5雇用形態と20職種・白血病克服経験のキャリアコンサルタント木村典子が、経験と専門知識に基づいて「幸せキャリア」のヒントを綴ります

幸せな就職へキャリアコンサルタント木村典子です♪

※「白血病からの社会復帰」シリーズが初めての方は、コチラ を先にお読みくださいひらめき電球

連載「白血病からの社会復帰」シリーズ、第55話~第62話のあらすじ(改訂版)です。(※第63話~第66話は、あらすじ4に移しました)

★あらすじ1(第1話~第45話)は、こちらへ

★あらすじ2(第46話~第54話)は、こちらへ

※なぜ闘病からお伝えしているかは、こちらへ

*************
【白血病からの社会復帰(第55話~第62話)あらすじ】

あらすじ2の続きです。

2001年9月11日の緊急入院から、半年以上が経った2002年2月~3月、入院中の病院で出会った忘れられない二人


一人は、移植前に右足の手術をするかどうか、私が悩んでいた頃(第38話)に、向かいのベッドに入院して来られた50代後半~60歳くらいの凛とした女性。(第56話)


もう一人は、私が骨髄移植の前に、右足の手術をして、手術の効果を確認するために、再び抗がん剤投与をしていた頃(第50話)に、同じ病室へ入院してきた患者さん。(第55話)


お二人とも、ご自身も白血病で、とてもとてもお辛い状態なのに、人のことを心から気遣える優しさのある方たちでした。

どれほど、救われたことでしょう。

でも、もう感謝の言葉を伝える術はありません。お二人とも、天へ召されてしまいました・・・。


「ありがとう。」「ごめんなさい。」 明日伝えるなら、今伝えたい!

そう思うようになったのは、この事があったから。

・・・・・・・・・・・

2002年7月、いよいよ骨髄移植の日が迫って来ました。

1週間前、骨髄移植の前処置として、自分自身の血液工場を破壊するため、超大量の抗がん剤投与2日間&全身放射線照射4日間。

動けないほどの辛さの中、ベッドサイドで、ただ見守ってくれる人がいるだけで、がんばれた・・・。(第57話)


マザーテレサの「愛情の反対は、憎しみではなく、無関心」と言う言葉を、体感した出来事でした。

・・・・・・・・・・

急性骨髄性白血病との闘いは、2001年9月の緊急入院の直後から、次から次へと訪れる壁の連続でした。

そして、2002年7月の骨髄移植に際しても、乗り越えるべき壁が次々現れることになります。

辛い渦中にいる時には、ただ乗り切ることで精一杯。

でも、今になって思います。

辛く苦しい経験は、
優しさ
を磨くプレゼントプレゼント(第58話)

・・・・・・・・・・・

そして、骨髄移植のため再び無菌室へ(第59話)

ドナーさんの骨髄液が無事届くのか、ドキドキしながら待っていました。(第60話)

無事届いた
ドナーさんの骨髄液。

右腕から、点滴のように私の血管の中へ・・・。

感動の瞬間!
、、、かと思いきや、私は前代未聞!?のことを。(第61話)

そして、4時間半かかって、ドナーさんから頂いた骨髄液は、すべて私の体の中へ入っていきました・・・(第62話)


実は、ここから、骨髄移植の本当の大変さが始まるのでした。

(第63話)へつづく・・

あらすじ4はコチラへ

**********
【シリーズ目次】

◆【目次1】 発病前のキャリア~緊急入院~無菌室での闘病

◆【目次2】移植するのかしないのか~右足の手術

◆【目次3】骨髄移植直前~  


【あらすじ】
◆(あらすじ1)第1話~第45話

◆(あらすじ2)第46話~第54話

**********
【その他のシリーズ記事】

◆就活/転職FAQシリーズ(目次)

■どんな仕事も楽しめる♪目次集【1~67話、番外編1~54】

*********
最新の記事一覧へ
 ※公式ホームページへ  


 

ハッピーに働いて、ハッピーに生きる。


キャリアカウンセラー木村典子


  読者になる


※症状などは私の場合の経験談で、白血病の症状を説明しているものではありません。また白血病に関する内容も、元患者の私の理解の範囲で、正確なものではありません。病に関しては、専門医にご相談くださいませ。

木村典子キャリアコンサルタント大阪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント