あけまして

おめでとうございます。

 

はしぐちのりこです。

 

本年もよろしくおねがいいたします(´∀`)

 

 

 

 

嫁いで15年。

 

京都に住んで15年。

 

 

初めて京都風のお雑煮にしてみましたよ^^。

 

見よう見まねですが

 

頭芋+大根+人参+青菜(ほうれん草)に丸餅。

そして白味噌仕立て。

 

白味噌の甘みが

とっても上品で♡

とっても美味しかった^^

 

縁起がいいと言われる

頭芋も口にできて

なんか幸先のいい感じ^^ 

 

 

* * *

 

 

さて

 

わが家では

お正月は

お料理(おせち)と

お雑煮とを用意して

 

舅も迎えて

いただくのが毎年の習慣。

 

(今年はうちの両親も参戦。

 90、86、86才の高齢者3人が揃い組・・・)

 

 

 

舅は九州の出身。

 

嫁に来た時から

 

「焼いた丸餅に鶏肉、ネギ、白菜、

 そしてすまし汁」

 

「おせちの他に焼鯛を用意」

 

そう聞いていたので

 

そして舅は

結構怒りん坊で

わりとすぐ「バカにされた」と

捉えるひとなので

 

そしてそれで散々

しんどい思いもしてきたので(笑)

 

 

今回

お雑煮を京都風で

チャレンジしてみようかなと思った時


お義父さんが

機嫌を損ねるんじゃないか

 

お義父さんの定番のものを

用意しないことで

お義父さんを

バカにしていると

捉えられたらどうしよう。

 

なんて考えが浮かんで

ちょっと躊躇しました。

 

笑えますよね(笑)

 

 

今まで

そのくらい

気を遣っていたんですよねーー・・・。

 

そして

よーくよーく考えると

 

今までのお正月は

お義父さんの好きなもの(お雑煮)だから

用意していた、、というより

 

新年からごちゃごちゃ言われないように

文句言われそうにないものを

用意していたのかもしれないなぁー・・・

 

そして声の大きい

お義父さんのことばかり頭に浮かんで

 

大事なパートナーである夫や

私自身の満足心は

二の次になってたのかもなぁ・・・

 

そんなことに思い至り

ちょっと愕然としました(苦笑)

 

 

おせちは

年々慣れて

手を抜けるようになっていたけど

 

お雑煮が最後の砦

みたいに

なっていたのかも(笑)

 

まぁ毎年同じものだと

考えなくてすむから楽というのもあるよね(笑)

 

私も成長したものです。

 

 

 

こういう

お正月とか記念日とか

毎年必ずやってくる日って

 

去年までの自分と

今年の自分を

比較できるから

とってもわかりやすい。

 

 

 

 

もちろん

ご想像の通り

 

京都風雑煮にしても

お義父さんは

何の文句も言わず

食べてくれました。

 

 

 

さあさあ

今年も

私の中での

年始イベントは終しまい。

 

ゆるゆるいきますかー


 

パンダコミュニケーションの最終手段 

心屋塾上級ワークショップ】

 日程:2018年 1月27日(土)・28日(日)

 場所:京都・心屋新セミナールーム
  >> 詳細・お申込み
    >> ブログ記事ご感想 

 

まずはこちらからですぞ。 

 

はしのん。

 

 

 

 
いただいたご質問・ご感想は、ブログで回答・ご紹介する場合があります(掲載不可の方は、その旨ご記載ください)
 
■メルマガ
はしらずのんびり 「生きる」を楽しむ心のヒント
 ついがんばりすぎていっぱいいっぱいになってしまうあなたへ。
 
ココロのヒントをゆるっと配信でお届けします
   >> 登録:PCから / スマホから
 
  
■ラジオやってます  >> 聴き方はこちらYoutubeにて音源公開中
 
■FMGIG アカデミー賞:新人賞ノミネート頂きました