野良猫岡山のネット放浪記

 TBSの青木裕子アナウンサー(29)が同局を退社することが6日、分かった。青木アナはバラエティー番組の司会などを中心に活躍し“ゆうこりん”の愛称で同局の看板アナに。一方で、お笑いコンビ、ナインティナインの矢部浩之(40)と交際中で結婚間近とされていた。アシスタントを務める7日放送の同局系「サンデージャポン」(日曜前10・0)で発表する。(サンケイスポーツ


 入社した2005年から担当する思い入れの深い「サンジャポ」で、自らの言葉で退社の決意を語る。

 8年間にわたりTBSを支えてきた青木アナは同番組で司会を務めるお笑いコンビ、爆笑問題との掛け合いで人気者に。10年3月から今年3月まで「NEWS23X」(月~木曜後10・54、金曜後11・30)のスポーツキャスターを担当するなど、バラエティーから報道まで幅広く活躍してきた。


 精力的に仕事をこなす一方で、10年8月には、06年のTBS系特番「DOORS」で出会った矢部との交際が発覚。10年9月のイベントでは矢部との“同棲”をほのめかす発言をしており、以後、取材先でも左手薬指に指輪を輝かせる青木アナの姿が話題となった。


 矢部も今年9月に右肺の自然気胸で入院した際、青木アナから「大きめの黒いパンツ2枚」の差し入れがあったことを明かすなど、ラブラブぶりを強調していた。

 関係者は「結婚に踏み切れなかった青木アナが、病床の矢部を見舞ううちに結婚願望が芽生えてきたようだ」と証言。さらに最近、青木アナが高級店で指輪を選んでいたとの情報もあり、矢部との結婚を意識し始めたことがうかがえる。

 退社時期は年末とみられ、関係者は「矢部との結婚はもう少し先になる」と説明。退社後の具体的活動は未定だが、“充電期間”を経て、フリーとしての活動も視野に入れているという。

 青木アナが、どんな言葉で“旅立ち”を告げるのか、注目される。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/121


どうせフリーになるんでしょ(´・ω・`)




人気ブログランキングへ