暴力団排除条例に芸能事務所は戦々恐々

テーマ:
野良猫岡山のネット放浪記
暴力団への利益供与を禁じた東京都暴力団排除条例が10月1日に施行されるのに伴い、警視庁が芸能界からの暴力団排除に力を入れている。

 条例では、組長主催のパーティーに所属歌手を派遣することなどが「利益供与」とみなされ、芸能事務所名を公表される場合もある。

 山口組最高幹部との交際を理由に島田紳助さん(55)が芸能界を引退したが、業界関係者からは「興行の世界で暴力団と完全に手を切れるのか」との声も出ている。

 「この業界で暴力団と一切付き合わずに済ますのは難しいのではないか。どの程度の付き合いなら許されるのか、業界は戦々恐々だ。警視庁はどこまで規制を強めてくるのだろう」

 大手芸能事務所幹部は読売新聞の取材に心境を打ち明けた。

 幹部は30年以上芸能界に身を置き、タレントのマネジメントやトラブル処理などを担ってきた。その間、「ライバル会社の動向を把握したり、所属タレントのスキャンダルをいち早く入手したりするため」として、暴力団関係者とも飲食を共にするなどの付き合いを重ねてきた。


野良猫岡山のネット放浪記


 幹部によると、芸能事務所や芸能人、興行主などの周辺には「金になるうえ、有名人との交友にもつながる」と、暴力団関係者が介在するケースが多いという。

 条例では、芸能事務所が所属タレントのトラブル解決の謝礼金を暴力団側に支払うことは利益供与とみなされる。

 組長主催の誕生パーティーや襲名披露パーティーに所属歌手を派遣することなども、「暴力団の活動を助長する行為」(警視庁幹部)として禁止され、悪質な違反が続けば勧告を受けたり、事務所名が公表されたりする。

(2011年9月28日14時50分 読売新聞)



 その状況下で、年の瀬の定番番組『紅白歌合戦』(NHK)が深刻な事態に追い込まれていると「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が報じている。
今年の紅白に出場する可能性のある芸能人の身辺について、報道記者を総動員して調べているというのである。
都の暴力団排除条例は過去にさかのぼって適用されないことにはなっているが、NHKではグレーな関係が判明した場合は出演を見送らせる方針だといわれている。そしてそうなった場合、演歌勢はほぼ全滅してしまうと記事にはある。

過去、暴力団との交際を理由に出場停止となった演歌歌手には細川たかしがおり、2008年、暴力団組長とのゴルフコンペを週刊誌に報じられ、紅白出演を見合わされる事態となっている。「2000年などは出場組の45%が演歌勢で、この頃はかなり割合が高かった時期ですね。しかし、最近は演歌勢は減ってきています。しかし、各世代が視聴する紅白にとって演歌はなくてはならないモノ。若い世代にとっても、自ら率先しては聴くことのない演歌を"年の瀬だからこそ"、というのが年末の風景でもありました。演歌ファン予備軍を育てる、とまで言うのは言い過ぎでしょうがね(笑)。そんな演歌勢が激減してしまうとなると、今年の紅白はどうなってしまうのか......」(芸能ライター)


和田アキ子('A`) 身内が暴力団関係者は・・・・・

人気ブログランキングへ