こんにちは。
 
 
僕です。
 
 
 
今日は歯列矯正者にオススメの趣味シリーズ【第5弾】でいきたいと思います。
 
 
 
 
要は、歯列矯正にこじつけて僕が自分の趣味について語るだけのブログです笑。
 
 
 
 
これまで、「アウトドアに億劫になりがちな歯列矯正者が室内でも楽しめる」というそれらしい理由をこじつけて僕の趣味を紹介してきました笑。
 
 
 
よろしければ以下にリンク貼っときますので過去の趣味ブログもご参照ください。
 
 
 
 
第3弾→【読書編】
 
第4弾→【温泉編】
 
 
 
 
さて、
 
 
第5弾は【掃除編】です。
 
 
 
高校卒業とともに一人暮らしを始めた僕は、かれこれ掃除とは長い付き合いです。
 
 
 
掃除については僕も数多の研究を重ねてきました。
 
 
 
 
10年以上にわたる研究から導き出された答えは、
 
 
 
 
 
掃除は、楽しんだ者勝ち。
 
 
 
 
これです。
 
 
 
 
「掃除は楽しい」と言っている人と、「掃除はめんどくさい」と言っている人の人生は雲泥の差です。
 
 
 
なぜなら、掃除というのは人が生活していく上で毎日必ず発生するイベントだからです。
 
 
 
毎日必ず発生するイベントを楽しめるか否かはQOLの向上に直結します。
 
 
 
 
とゆーことで、今日は僕が実践している毎日のお掃除が楽しくならざるを得ない極意をシェアしたいと思います。
 
 
 
 
それは、
 
 
 
①コストコにいく
②高級家電を買う
 
 
 
この2つです。
 
 
 
以下に詳細を解説します。
 
 
◆コストコにいく
「掃除が楽しくない」「掃除はめんどくさい」という方はコストコに行きましょう。
何を隠そう、コストコは超優秀なお掃除グッズの宝庫だからです。
しかも、コストコに売っているお掃除グッズはそれなりに値が張りますので、掃除というものに対する良い“先行投資”になります。“掃除に投資する”という発想はなかなか新しいのではないでしょうか。
「投資をする」というのは「前払いをする」というのと同義です。
お掃除グッズに前払いをした以上は、掃除をして回収せざるを得ません笑。
コストコでお掃除グッズを大量買いするという行為は、すなわち、掃除をせざるを得ない環境を自ら作り出すということに等しいです。そうなれば、「掃除はめんどくさい」などと言っている場合ではなくなります笑。
とゆーことで、コストコで買える僕のオススメのお掃除グッズ3選を紹介します。
 
【オキシクリーン】
これはマストバイアイテムです。
とりあえず買いましょう笑。
使い方はとっても簡単。文章で説明するのは難しいので写真を見て下さい↓↓
これが俗に言う「オキシ漬け」であります笑。
浴槽、洗面所、キッチンシンクどこでも構いませんのでお湯を溜めて、オキシクリーンを適量溶かします(浴槽であれば付属スプーン4杯、洗面所キッチンシンクは1杯弱でOK)
そこに何でもかんでもキレイにしたい物を放り込んで6時間放置するだけです。
僕はジェットウォッシャーのノズルなんかも放り込んで定期的に殺菌するようにしています。
この「オキシ漬け」は、とにかく楽&効果バツグンの掃除方法ですので超おすすめですよ。プールを溜めた浴槽やシンクもピカピカになりますしね。
 
 
【SURFACE WIPES】
こちらも超オススメのマストバイアイテム。
コストコのオリジナルブランドKIRKLANDのウエットティッシュです。
何が良いって、もうね、家中汚れが気になる場所をこいつで拭き拭きしてあげればキレイピカピカ間違いなし。キッチンシンクなどの水回りやガスコンロに飛び散った頑固な油汚れもこれ1枚でOK牧場!
ほんとに水アカ、油汚れに強いです。僕はこいつのおかげでコンロ掃除が楽しくて仕方ありません笑。
こいつをキッチンのパントリーに備えておけば毎日のお掃除が楽しくなること間違いなし。
 
 
 
【トイレ掃除用品の大量買い】
トイレはお家の中で1番汚れる場所にも関わらず、掃除をするとなると何かと億劫になりがちですよね。
そんな時は、コストコでトイレ掃除グッズを大量買いしましょう。
それなりの金額を前払いしたからにはトイレ掃除をして元本回収する他なくなります笑。
トイレ掃除をせざるを得ない環境に自分を追い込むのです(ストイックやな)。
あのウォルト氏がこよなく信頼を寄せ、ディズニーの世界で「そうじの神様」と称えられたチャック・ボヤージンは、まるで我が子を抱きかかえるようにして便器を磨いたと言います。
↑お掃除について勉強する健気な僕
 
彼のトイレ掃除に対する精神は、ディズニーの素晴らしさの本質の1つだとさえ言われています。
僕たちも今こそ、トイレのルックを大量買いして、我が家という名の夢の国でお掃除をエンターテイメントに昇華させましょう!
 
 
 
◆高級家電を買う
「毎日の掃除がめんどくさい」という方は高級家電を買いましょう。
こちらも「お掃除」というものに対する大きな「先行投資」となります。
高級家電はデザイン性にも優れていますからわざわざ納戸にしまっておく必要はありません。リビングのど真ん中に置いておきましょう笑。
高級家電は、「掃除せざるを得ない」環境を演出してくれる最強の開運アイテムなのです。
とゆーことでこちらも僕の愛用おすすめ家電3選を紹介します。
 
 
 
【ダイソン ハンディクリーナー】
いやあ、ベタですがこれは本当におすすめです。コードレスなのでこれ1つあれば家中のいたるところ&インテリア&愛車のお掃除までも可能です。
僕が使っているのはV6モデルです。最新機はV7ですが、運転可能時間が10分違うだけですので機能性は型落ち機でも新型と遜色ありません。
特に、1回のフル充電で6分間だけ使えるMAXモードは吸引力が半端ないです。このMAXモードでソファやマットレスを掃除するとハウスダストやダニの死骸が目に見て取れます。
僕は若干潔癖症の節があるので、床にホコリや髪の毛を見つけるとすぐに掃除機をかけたくなります。そーゆー人には気軽に使えるハンディクリーナーが1番良いですね。
こいつをリビングにポイと置いとけば毎日のお掃除をエンターテイメントに昇華してくれますよ笑。
 
 
 
【レイコップ ふとんクリーナー】
一昔前に日本中で大ブームを巻き起こしたレイコップです。
こちらも本当におすすめのお掃除家電です。
毛布なんかは天日干しすれば良いですが、マットレスってそうはいきません。
そんな時はこいつです。UV除菌機能が付いてますので天日干しをしたかのようにマットレスがふかふかになります。もちろん、ダニのフンや死骸もたたき出して吸引してくれます。
マットレスに限らず、天日干ししたいけどできないもの全般に使えます。
ソファとマットレスのお掃除はダイソン&レイコップのコンビで完璧です。特にマットレスのお掃除にレイコップを使うと睡眠の質が変わるのが自分でも分かります。
 
 
 
【ロボット掃除機 ルーロ】
おすすめお掃除家電3つ目はPanasonicの自動お掃除ロボット、ルーロくんです。
まず、ロボット掃除機の魅力は、何と言ってもペットみたいでとっても可愛いところです笑。障害物検知センサーや間取りの学習機能も搭載されていますので、まるで生きているかのようで見ているだけで愛着が湧きます笑。一人暮らしで寂しいキャバ嬢はトイプードルを飼って「マロン」という名前を付ける前にお掃除ロボットを買ってみてください。
機能性にも優れています。外出の際にスイッチを押して出かければ勝手に家の隅々までキレイにしてくれるので毎日のお掃除がとても楽です。一見、キレイに見える床でも毎回しっかりホコリや髪の毛をキャッチしているので驚きです。
唯一のデメリットがあるとすれば、カーペットなどのラグの相性を選ぶ点ですかね。相性の悪いラグだとルーロの羽が絡まってぶっ壊れます。
まあ、そんなところも可愛いんですけどね♡でへへ
 
 
 
 
 
とゆーことで、今日は僕の趣味である毎日のお掃除を楽しむ極意について書いてみました。
 
 
 
 
掃除に関しては、「掃除は、楽しんだ者勝ち」「いかに掃除をせざるを得ない環境を演出するか」というのが10年以上の歳月を費やして辿り着いた僕の答えです。
 
 
 
 
そのためには、お掃除グッズに先行投資すること。
そうすれば嫌でも毎日掃除したくなります笑。
 
 
 
 
 
そして、キレイになったお部屋でやることといえば、ただ1つ。
 
 
 
 
そう、Amazonプライム・ビデオ鑑賞です(もっとあれ)。
 
 
 
 
今日はAmazonプライム・ビデオで無料視聴が可能な「クローバーフィールド・ユニバース」を紹介します。
 
 
 

【クローバーフィールド/HAKAISHA】

2008年のアメリカ映画です。
こちらはJJエイブラムスが手がけた怪獣映画。
その内容は、巨大怪獣が大都市を襲うという典型的なものです。
映画としては上映時間90分のB級スリラーですが、映像の全ては手持ちカメラで撮影されたホームビデオ風の主観映像です。なので人によっては酔います笑。
怪獣映画といえば、『ゴジラ』や『キングコング』に代表されるように、巨大怪獣が大都市を破壊する様が描かれるのが通例です。しかし、今作はどちらかとゆーと怪獣そのものではなく、足元を逃げ惑う人々の状況に焦点を当てた擬似ドキュメンタリー風に仕上げられています。
よって、今作では主役は人間で、怪獣は脇役です笑。
日本では怪獣が「文化」として根付いていますが、アメリカ映画界では怪獣映画の製作は「高額の予算がかかる」という理由で敬遠されがちです。
そこでエイブラムスがとったのは「人間が主役で怪獣が脇役」という逆転の発想(笑)。怪獣映画をホームビデオ風に撮っちゃうという超斬新な発想で生まれたのが今作であります。
今作はハリウッド映画としては低予算の部類に入る2500万ドルで製作されたにも関わらず、最終的な興収はその3倍以上。日本でも初登場1位を記録し、最終的に12億円もの興収を収めています。
『パラノーマル・アクティビティ』が良い例ですが、ホームビデオ風映画は制作費がかからない分、ヒットすれば大黒字なのです。
いずれにせよ、今作は怪獣映画を手持ちカメラで撮っちゃった斬新な1本ですので気になる方は是非どうぞ。
ちなみに、「クローバーフィールド」という言葉はただの造語で特に意味はありません笑。
 
 
 
 
【10クローバーフィールド・レーン】
同じく、JJエイブラムスによるプロデュース。前出の『クローバーフィールド/HAKAISHA』と同じ題名を冠しているものの、物語の内容に直接的な繋がりはありません。
エイブラムス曰く、「前作と同じDNAを持つ、血の繋がった映画」として作られた“精神的続編”とのこと。
まあ、そんなことはどーでも良いです笑。
こちらは怪獣映画の前作とは全く異なる、密室パニックスリラーです。個人的には前作よりもこちらの方が好きです。
物語のあらすじは、彼氏と喧嘩して家を飛び出た主人公が車の運転中に追突され転落→目を覚ますとなぜか見知らぬおっさん家の地下シェルターに監禁されていた…。おっさん曰く、「外の世界は何者かに攻撃されて有毒物質で汚染されてるからここから出ちゃダメ!」とのこと。どーみても怪しいおっさん。でも、衣食住を与えてくれる不器用ながらも優しいおっさん…。一体私、何を信じればいいの!?
みたいな感じです。
JJエイブラムス製作でタイトルに「クローバーフィールド」とありますので、「あの怪獣映画の続編ね!」と思ってしまいがちですが、こちらは独立した密室サスペンスジャンルの映画として楽しめる1本です。
密室ならではのサスペンスを存分に楽しんだ後は、「結局ラストはそうなるんかーい!」というオチを併せてご堪能下さい笑。
 
 
 
とゆーことで、今日は最後に怪獣トリビアを発動してブログを締めます。
 
 
 
 
ゴジラの名前の由来は、ゴリラ+クジラ。
 
 
 
 
ありがとうございました笑。
ブログランキング参加中↓↓


歯列矯正ランキング