ゆっくりタイプ。 | ノラ家の日常・非日常
新型コロナウイルスに関する情報について

ゆっくりタイプ。

 

こんばんは、

ノラ家、ノラドラです。

いつも読んでくださり、温かい応援をありがとうございます。

コメントもありがとうございます。

楽しく読ませていただいています^^。

 

 

ちょっと本編からはずれた番外編である

「ある日のお稽古。」の続き。

 

自分ができているのかどうかリトマス試験紙のようにわかる先輩との最新エピソード。

コロナで道場が休止する直前のお稽古だったと思います。

 

どういう練習かわすれました。

とにかく

 

 

自分を後ろに引くというのは、割と珍しいご指導だ。

 

 

「一瞬で自分を後ろに引いて下さい」

(エネルギー的に、魂的に、という意味です)

 

 

 

やってみると…

 

 

驚かれました。

わかるんですねー。

 

 

 

交代しました。

 

 

でも

 

 

 

へー。

 

 

 

後ろに引くならまかせて(笑)

(でもそれをどう武道に生かすのかよくわかっていない^^;)

 

 

この先輩の反応でも学びました。

 

 

切り替えてポーンとあっち側にシフトするタイプに対して

 

私はゴムが伸縮自在なようにこちらからあちらへ

3次元から高次元に(その逆も)

じわーっと移行するのが得意なのだということがわかりました。

わりと行ったり来たりじわーっと自由自在にできます。

 

 

だから人を一緒にじわーっと連れて行けるのかもしれません。

お相手が硬かったり重かったりすると到達場所がズレますけど、

共にじわーっと移行します。

 

 

その方が進んできて、一緒に行けるようになると、

まるで飛んだかのように「早い」です。

 

あ、

 

ここまで描いて、そういうことを以前描いたなと思って

探したら、

去年の12月に描いたこの絵がそうですね。

 

 

今回の先輩の反応で、初めて

「飛ぶ」んじゃなく「ゆっくりタイプ」(連続じわりタイプ?)だということに

気づきました……という、ただそれだけのお話です。

 

でもね、この「ゆっくり」は、絶対誰でもできるんだなー。

 

 

ーつづくー

 

施術を受けた人は感覚的にわかる人は多いと思う。

ものすごく変な記事なのでコメントは捨て置いてください^^

 

本当にありがとう。ご縁のある方につながりますように。

 

ノラ家の日常・非日常      ノラ家の日常・非日常