糖化おそるべし! | ノラ家の日常・非日常
2018-06-12 20:35:21

糖化おそるべし!

テーマ:健康についてのお話
こんにちは、ノラドラです。
いつもありがとうございます。
ただいま食生活シリーズです。
初めての方は
食生活、説得された!
食生活説得された!2」からどうぞ。
 
 
 
自分の食事が低栄養過ぎてよくなかったということ以外に
ショックを受けたポイントを絞って簡単に挙げると
 
まず
 
お腹やウエストの脂肪とか、
中性脂肪とかコレステロールって
漠然と油のせいと思っているところがあって
食事には油を控えていたけど、
それは完全に間違っていたってこと!
 
(むしろ良質の油はもっととらなければいけないくらいで)
 
 
 
 
中性脂肪を増やすのは完全に糖質だってこと
はっきり頭に叩き込まなきゃ。
 
 
 
で、
軽いショックポイント。
 
 
というのは
 
パンとコーヒー、ケーキと紅茶という習慣は
実にマズイらしい。
 
 
ダイエットとアンチエイジングの大敵は糖質なんだね。
(甘くなくても、ごはん、パン、パスタなども糖質)
 
糖をとってインスリンが出ている限りは
糖を中性脂肪に変えるし、
糖が余ってる状態では(インスリンがでっぱなしでは)
当然脂肪は分解されない。
 
糖の方がエネルギーとして利用されやすいので
糖がなくなってからやっと脂肪が分解されるのだから
 
糖質をちょこちょことっているうちは、なかなか
お腹周りやウエストの脂肪は落ちないし
ダイエットは成功しないってことは当然のなりゆきなわけだ。
 
 
でも、ダイエットとか云々じゃなくて
もっとショックなのは
 
ってこと。
 
細胞のダメージを修復し、若返らせてくれる
大事な大事な成長ホルモンの分泌が阻害されるなんて!
 
だから
糖化は老化。
 
 
いつもいつもちょこちょこと休憩がてらに
甘いものを口に運ぶ習慣はサイアクで
1週間に1回ドカ食いするほうがよほど悪影響がないそうな。
 
 
さらにショックでインパクトがあったのは
 
身体に糖質が溢れると…

 
 
 
 
 
わかる!思い当たる!
ストレスが多かったころ、
ご褒美にスイーツは欠かせなかった!
だから、そのとき肌が悪かったんだってこと、
ほんとにわかる。
 
 
しかもね、
睡眠時に細胞を若返らせてくれる成長ホルモンを、
インスリンが抑制するってことは
こういうこと。
 
↓↓↓
 
ガーン。
 
そりゃ、老けるわ。。。
 
 
というわけで、
これは一部のことでして
 
糖質制限なんて自分には全然関係ないと思っていたけど
 
 
 
ずいぶん前に白砂糖は麻薬、
常習性、反復性、依存性がある、という警告本を
読んだことがあったのに、
それでも甘いものは好きで(好きよね~)
食べるときは幸せなもんだから結構食べてしまっていた。
 
でも
さすがにオーガストさんのご著書のおかげで
本当に控えようと思えたのです。
(ご本人ステキだし説得力ありますよね)
読んで本当によかったです。感謝。
 
このブログでは、ほんとにちょっとだけしか紹介してはいけないと思いますし、
ミネラルや鉄分、必須アミノ酸や
生野菜、卵などには触れてません。大豆のこととかもね、ショック。
ご興味をもたれた方はぜひぜひオーガストさんのご著書を直接読んで
説得されてくださいね。
 
 
私は
 
 

 
を読みました。
 
「食事の科学」は詳しくて本格的。
他は読みやすいです。
ショックが薄れると
また脳が「甘いものをとれ、幸せになるぞ」と指令をおくり
うっかり食べそうになりますので
ときどき読み返して、再確認しています。
説得力、ありがたや。
 
それに、読んでみるとわかりますが、
このメソッドはめちゃくちゃ厳しいわけではないです。
続けられるようになってます^^
 
私たちも
今でもまるっきり甘いものを控えているわけではないですヨ。
(ノラ家の15時のティータイム、してますから)
 
 
 
 
一週間の出張期間の食事が逆にラクになりました。
 
私はもう1人のときは甘いものを一切とりません。
一週間まるまるです。
甘いものは誰かと会ったとき楽しんで食べることにしました。
 
お菓子をいただいたときも、喜んでいただいています。
(好きですから)
要は、一人でわざわざ買ってまで食べない、
誰かと楽しんで食べる、ということにしました。
これだけでも、違うと思う。
 
かなり低栄養すぎたので、
今の食事にタンパク質として卵をプラスするようになったり
本を参考にして必要な栄養素をとるようにし、
糖質を控えるようになったという感じです。
 
ノラ姉も抜け毛が減り、
私の肌もいい感じになってきてます。
 
人間を肉体としてみるか、
精神性を重視するかでも食事は変わってくると思います。
科学なのか、霊性なのか、とかね。
(たぶん水野南北は精神性の方を重視してますね)
 
私たちは肉体をもつので科学の領域にも生きていますが、
実際、エネルギーをほかからとってきて生きておられる
不食の人もいらっしゃって科学では説明がつきませんね。
食べ物のよしあしを超越する「意識」の力もあるようです。
 
このシリーズでは
食べ方については、矛盾するような説があり
対極な意見があり、混乱しますね、というのが導入でした。
本当にいろいろな説があります。
 
要は
自分の心と身体の声によく耳を澄ませて
腑に落ちたものを選択するとよいのではないかなと思います。
気にしないのも選択肢です^^
ではではー^^
 
 
ー完ー
 
<追記>
 
考えを硬直させないこと、こだわりすぎないことが大事だとおもいます。
混乱したら、いったん投げ捨てる^^
振り回されてストレスになるくらいだったら
「放棄!」というのも意識のシフトだと思います^^
 
リセットしてリセットしてまた取り入れる、
ひいては寄せる波のように。
たえず柔軟に、というのがいいのではないかと思います。
 
今回は私にとっては肉体の声を聴いて科学側に寄ってきた、という感じ(笑)
 
いつも応援ありがとう!
   ノラ家の日常・非日常

ノラドラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。