仙台から来た受験生(続編) | これでも私立高校教員

これでも私立高校教員

30年以上の教員指導を通じて、未来を担う子供たち、また大人の思考などをテーマに書き綴っています。
日本史と小論文の塾を主宰し、小学生から大学生、院生、保護者の指導をしています。


テーマ:

今日の朝、仙台から来てくれた受験生のお母様から、ご丁寧にお礼の電話をいただいた。

そのお電話の中で、奇跡のような奇遇があった。

 

お母様のお育ちになったご家庭は転勤族で、実は名古屋にも2年ほどお住まいになられていたそうで、その2年間とは、小学校6年生から中学1年生の期間であったが、

 

実は、この中学が、なんと私の母校!

 

さらに失礼ながらお年を尋ねると、なんと学年は1年しか違わない。

私のほうが1年、年上だけであり、ようは30年ほど前に同じ中学内にいたことがわかった。

そこで、所属した部活などを聞いてみると女子バスケットボール部に所属、すると簡単に共通の知り合いである「ハッチ」さんに、たどり着いてしまった。

 

つまり、その息子さんが、30年後に、仙台市から名古屋まで、日本史や小論文を学びに、来てくれたのである。

 

よく、「事実は小説より奇なり」などというが、こんな偶然があろうか!

そのあとは、山崎川の桜や、川原通から中学への道のりの話などで盛り上がった。

 

先日の甥が、亡父と同じ大学に進学するなど、嘘のような出来事が多い。

なんとも人生とは愉快である。

長坂 潔さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ