「いい先生」への惜別 | これでも私立高校教員

これでも私立高校教員

30年以上の教員指導を通じて、未来を担う子供たち、また大人の思考などをテーマに書き綴っています。
日本史と小論文の塾を主宰し、小学生から大学生、院生、保護者の指導をしています。


テーマ:

生徒とは、教員の人格の影響で、大きく成長する。

逆に言えば、教員次第で、著しくモチベーションを低下させることだってよくある。

 

今年も、またそうした先生が学校とう世界から去っていく。

理由は様々であろう。

パワハラなどで心を病む場合もあれば、子育ての事情もある。

 

しかし、「いい先生」が学校を去っていくことは、生徒にとっては大きなマイナスになる。

 

ただ、「いい先生」は、どこに行って、必ず「いい先生」となる。

家庭に入っても、我が子にとって「いい先生」であり、社会の中でもきっと「いい先生」となる。

教育とは学校の独占物ではなく、世の中はいたるところで教育が行われ、「いい先生」はどこでも「いい先生」である。

 

私は、教育の世界で、時に、こうした「いい先生」に出会い、そしてお世話になった。

「いい先生」との出会いは、大人にとっても素晴らしいものであり、たくさんの学びと、それ以上の喜びをもたらしてくれる。

 

ある「いい先生」は言っていた。

 

「自分は才能がないから、必死に努力しないといけない」

 

きっと、そう言われたご本人は覚えていらっしゃらないと思うが、こうした言葉を口に出せる性根は、尊敬に値する。

 

その「いい先生」が、またひとり、学校という世界から去っていく。

 

今すぐというわけにはいかないかもしれない。

でも、次は一緒に、新しい教育への関りをやりましょう。

それは学校でなくとも、成績なんかつけなくとも、不条理な生活指導もない、「人を育てる教育」をしましょう。

 

私は、できることであれば一生、教育に関わりたい。

 

しかし、それは30年の時間はない。

ならば、その教育を「いい先生」たちと、一緒に取り組みたい。

 

「いい先生」へ。

そんな場所を作って待っています。しばらく休んだら、必ず来てください。

 

楽しいですよ。

待っています。

 

感謝を込めて・・・

 

 

 

長坂 潔さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス