釣りにはかっこいいクーラーが必要 | これでも私立高校教員

テーマ:
生来の怠けものである私は、しばしば釣りに逃避する。
私の釣りは、「筏釣り」という、やや特殊なもので、三重県、和歌山県、高知県などで行われるもので、ようは黒鯛が狙いである。
 
ただ、私の場合は、ここでも能力の低さを発揮し、それはもう釣れない。
もう、筏釣り歴30年以上になるが、今年に入ってからも、まだ1尾もつれていないし、いつも大量の餌を海にばらまいて、なおかつ黒鯛を釣ることなく帰ってくる来るのがもっぱらだ。
 
そんな私でも、道具だけは一人前に欲しくなり、今日は夏に備えてクーラーを見に行った。
むろん、魚は釣れないので、暑い夏に冷えたジュースを飲みたい、そのためにクーラーが必要なだけだ。
 
現在使っていたクーラーは、30年前にホームセンターで購入した「1980円」のもの。
 
そろそろ、ジュース入れといえども、まともなクーラーを買ってもいい時期と、そくさくと釣具屋さんへ。

 

 

なかなかいいお値段のものが並び、しかも見た目が格好がいい。

そんななかで、最終的はこれを購入することにした。
image
もっとも、そこはケチに徹し、商品を見定め、あとはネットで安く買おうととっと帰宅しようとした。
 
そんなとき、横に、同じクーラーを品定めしていた若い夫婦がいた。
 
旦那さんは、新しいクーラーが欲しくて、必死になって奥さんを説得中。
 
「そんないいものを買っても、どうせ釣れないでしょ!」
 
あたかも、私が叱られている気分。
 
「もっと腕を上げてからでいいんじゃないの?」
 
(30年やっても、腕が上がらない私はどうしたらいいのだろうか・・・)
 
「やっぱり、もっと給料を稼げるようになってからね」
 
(そんなことを言われたら、永遠にクーラーなどは買えない・・・)
 
「今回は、これでいいんじゃない?」
 
足元に無造作に置かれていた、「1980円!」のクーラーを指さす奥さん。
 
釣りには、かっこいいクーラーが必要なんです!
 
そんなことをつぶやきながら、なんとも微笑ましい光景に、若い旦那さんの今後の健闘(むろん奥さんの説得と、釣りの腕の上達)を祈り、帰路に就いた。
 
 
 
 
6月16日(土)、22時からの日本史ライブ講座のご案内です。
 

夏期講習「近現代史」の案内です。

 

*「日本史講座 ~近現代史~」

 ・7月後半~8月前半の「日曜日」「水曜日」「木曜日」の9時から15時)

 ・1講座90分×12回

   詳細はこちらです。

 

 
 

 

長坂 潔さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。