第5回 野遊びようちえん | 一般社団法人 新潟アウトドア企画(NOP)

一般社団法人 新潟アウトドア企画(NOP)

ブログの説明を入力します。


テーマ:

太陽の光が柔らかな秋の一日。

今日は国際自然環境アウトドア専門学校が会場です。

季節柄冷たい雨の心配がありましたが、思いがけず暖かな気候のなか、広い室内でのうどん打ちも、周辺の自然散策も思う存分に楽しむことができました。

 

まずは自己紹介と楽しいわらべ歌ではじまりです。

今回はうどんづくりを楽しみにしていた方も多く、お散歩に出かける前にさっそくうどんの生地作りをしました。

まめっちに教わりながら、材料の中力粉に塩水を加えながらよくこねます。

最初はさらさらしていた粉がいつの間にかひとまとまりに・・・そこまできたらビニール袋に入れて、なんと足で踏んでコシをだしていきます。

楽しく歌いながら踏み踏み!踏み踏み!

粉の状態がどんどん変化していくことに気づいて「すべすべしてきたね」と教えてくれるお友だちもいました。

 

うどんの生地を休ませている時間は周辺のお散歩に。

出発してすぐに小さな生きものカエルに出会い、お友だちとの距離もグンと近づいたようです。

赤や黄色の落ち葉やエビフライのような木の実、かわらしいお花など見つけたり、教えあったりしているうちにどんどん仲良くなっていきました。

 

うどんづくりも最終段階。

休ませていた生地を、めん棒で伸ばしていきますが、これがとっても力仕事・・・親子で力を合わせて取り組みます。

専用の大きな包丁をつかって切ると、長―いながーいうどんができました。茹であがった麺を見て「ツヤツヤしてる」とみんなも嬉しそう!

今日は具だくさんの美味しいかけ汁でいただきます。

モリモリと食べる姿にスタッフもビックリです。

うどん作りはご家庭でもチャレンジできるので、ぜひおうちでも作ってみてくださいね。

 

お昼ご飯の後は木の実を使ったクラフトです。

松ぼっくりのパラシュートはとてもよく飛んだね。

 

紙粘土の造形はとても集中して作っていて目がキラキラしていたよ。

 

最後はみんなの作品展。お散歩で見つけてきた自然物と一緒にテーブルの上に飾ってみんなで楽しみました。

 

遠くに出かけなくても、落ち葉で色を感じたり足元の草むらに目を凝らしたり、雲の形を見上げてみたりしているうちに、身近な環境の中に自然はあるのだなぁと思います。

そして子どもたちは発見の名人!

一歩外に出て、残り少ない秋を楽しんでみてくださいね。

 

次回は雪の結晶雪遊び雪の結晶を予定しています。

いよいよ楽しみな白い季節がやってきますね。

 

 

各種講座の詳細は、新潟アウトドア企画のホームページをご覧ください

パソコンの方はコチラ 

スマートフォンの方はコチラ 

ガラケーの方はコチラ

一般社団法人 新潟アウトドア企画さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス