ON MUSICAL -在ル愛ノカタチー | ホットロックのブログ

ホットロックのブログ

ブログの説明を入力します。

2019.6.16(日)  15:00~16:30

 

HITOMIホール

 

 

加藤恵利子(ボーカル)

福満  薫(ボーカル)

上田博司(バイオリン)

風呂矢早織(ピアノ)

 

 

「ラプソディーインブルー」   風呂矢さんのピアノだけで    初めは穏やかな音で

 

次第に強く、主張するように、存在感を誇示するような圧力で弾かれた音がある

 

 

このステージ上に物語が作られている     加藤さんと福満さんが主役を務める

 

その役割とは

 

いろんなミュージカルでスポットライトを浴びる人達の歌を届ける事

 

この二人に「天の声」が時々絡んでくる    けっして邪魔をする事をしない優しい存在    

 

神様かもしれないし、二人を応援するサポーターかもしれないが、常に良いアドバイスをしてくれる

 

 

「サマータイム」    「Somewhere」    ミュージカルでこれを聴きたいというものが並んでいる

 

これらを聴いて十分に気持ちが温まったところで「夢やぶれて」の登場

 

この間のオペラのソプラノ独唱で聴いたものとは違う    芝居の科白を聞くような感じですね

 

一段とその内容の悲劇性が伝わってくる     

 

その英語の歌を聴いていると「カレン・カーペンター」の声を思い出す     というかその声質が

 

似ている?     いやそうではなくて、英語の発音が近いという事だと思う      

 

滑らかで分かり易い英語の歌詞     あの時に感じた感動を今日ももらえた訳です     

 

これが本物の英語だと      

 

今日の歌全てに共通している事柄     愛する「歌」を多くの人に届けたいということ

 

加藤さんと福満さんの歌も含めたパフォーマンスを楽しむ     それに衣装とメイクの移り変わりに

 

よって、目の保養にもなったんですね