ホットロックのブログ

ホットロックのブログ

ブログの説明を入力します。

2020.12.31(木)   13:50~14:40

 

ナンジャーレ

 

 

*  BAC←SPACE  A  PRIORI  「ゆるやかな窒息 第一幕」

 

太いロープが出て来た

 

舞台の端から端まである長いロープ

 

真っすぐではなく湾曲した状態で置かれている

 

此処にいる二人の女はよく似ている

 

初めは双子なのかと思ったが、よく似た他人

 

そこに居るのは自分ともう一人の自分     だから、よく似ている役者さんを用意した

 

ある時はロープで相手を縛る     決して強くではなく、解けない程度

 

その行為に何の意味があるのか

 

ほったらかしにすると暴走するかもしれないと行動に制限を加えたもの

 

もう一人の自分は冷静な心の状態で自分を見つめている

 

しかし、冷静であったもう一人の自分が軌道を外れそうになると、今度は自分が戒める

 

不安定な二人の行動を見ていても我々は割と淡白でいられる

 

少しも動揺しないんですね

 

という事は落ち着かない人間を観察している第三者は冷淡に近い感情を持つようです

 

あなた達の行動にかなり大きな変化がないと我々は面白くないんです

 

この不思議な空間を貴方たちと共有しているのも悪くないなと思っている

 

 

 

 

 

*  叶和泉企画公演   「舞踏  斬  降板」

 

黒い和服のようなものを着た人が登場する

 

初めは女の人かと思ったが男だった

 

薄暗い舞台で舞う      その服に書かれていたのは

 

「降板する奴に役者を名乗る資格はない」

 

この言葉の事だったのか

 

この演目が始まる前に「次の演目の中に不適切な表現があるかもしれません」

 

というアナウンスがあった

 

お客さんの中に演劇をする人やその友人がいたら、

 

「面白くない」とか、「失礼だ」とか機嫌を悪くする言葉なのか

 

芝居が好きで見に来る人間にとってはそんな考え方もありだなと思う

 

どんな事情があって降板するはめになったか分からないので、降板した役者さんに対して

 

何の感情も無い

 

 

これまでいくつかの芝居を観て来た訳だが、公演日近くになって

 

役者の○○は降板しましたので、その代役を△△が務めます

 

そんなお知らせが届いた事が何度かある

 

 

暫く舞ってから正座してお辞儀をした処で暗転となった

 

まだ、続きがあると思っていた我々はお疲れ様の拍手をしなかった

 

何らかの「どんでん返し」があるのではと少し期待もしたが、

 

そこで照明が点いた     この演目の終わりを知った我々はいささか呆気にとられた

 

舞踊ではなくて、舞踏     男は怒って舞っていたんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.12.31(木)   13:00~13:45

 

ナンジャーレ

 

 

*  試験管ベビー  「そして父に会う」

 

娘には実父と継父がいた

 

本当の父親(実父)に会いたくなったので母親に父が現在居る場所を教えてもらった

 

行ってみると、そこは刑務所だった

 

生き別れになって18年になる     2歳の時に分かれた娘にとっては初対面と同じ

 

なんと父親は多くの人を殺した死刑囚であった

 

対面室で感動的な話にはならない      父も娘もあまりにも淡々としているように見える

 

こんな反省の言葉もない父親を見て娘はあきれ果てる

 

 

物語の展開は音楽のクレッシェンドのように喜劇になっていく

 

この劇団の芝居に悲劇は似合わないので、観ている我々の期待通りの進み方

 

最後に用意されていたどんでん返しは

 

人違いだった    この男はまったくの赤の他人    父親でもなんでもない

 

娘の名前が一緒だったので間違えて違う人を面会させてしまった

 

それでも娘は今日此処に来て良かったと言う

 

そう言い切れる娘の「潔さ」がカッコイイ

 

それに比べて間違えられた男がいかに残念な事か

 

*  fuzzy  m.  Arts   「部屋とOヤサイと私」

 

女が二人出て来る

 

家庭菜園で一人は「人参」、もう一人は「万能ねぎ」を作っている

 

どちらが、食生活で役に立つか

 

女に語らせるのではなく

 

それを食材本人たちに力いっぱい語ってもらおう

 

人参と万能ねぎが自慢話をする

 

どれだけ自分が人々の食生活を豊かにしているか

 

「万能ねぎ」の方が最初はいろんな場面で活躍できる引っ張りだこの存在と優勢ですが

 

やがて、決して主役にはなれない脇役である事が分かって落胆する

 

一方、人参は主役になる場面もあるけれど、

 

万能ねぎのように切った後にまた生えてくる訳ではない一度きりの「一生」

 

 

この勝負、どちらも甲乙つけがたい存在

 

優劣を競う必要などない    

 

どちらも美味しい存在なんですよ     好きな人にとっては(^-^)

 

 

 

 

 

 

2020.12.31(木)   10:50~11:40

 

ナンジャーレ

 

 

*  ゆっくん  「あの娘は僕の未来。」

 

出演者は「ヌードモデルゆっくん」だけ、フリップ芸を見せてくれるらしい

 

あのアキラ100パーセントみたいな芸なのかと思っていたら肩透かしをくった

 

 

「ゆっくん」が楽屋から出てこない    いくら呼びかけても返事がない

 

もう間もなく到着する「検察官」を待つ芝居とは違って、そこに居るのが分かっているのに

 

何やっているんだ   と待っている人達をイライラさせる時間が過ぎる

 

すったもんだの末にようやく「ゆっくん」が出て来た

 

この「すったもんだ」でちぐはぐな展開を見せる処をお客さんに喜んでもらいたいという芝居

 

迷走する人達を見て、この人達何やっているんだと我々が呆れるのを役者が待っている

 

設計図が無さそうでホントはしっかりと構成されているようですね

 

 

お客さんが思っていた通りの残念な「ゆっくん」です

 

パンツ一枚履いただけの男      この季節、めちゃくちゃ寒そうです(>_<)

 

 

 

 

*  右脳中島オーボラの本妻  「彼誰時に踊る影」

 

石を積むのを見ていると何処まで高く積むのかという事よりも、どんな切っ掛けで

 

この石の塔が壊れるのかが気になる

 

バランスを崩して壊れるのではなくて、第三者が意識的に倒す

 

 

男と女の言葉のやり取りを聞いていて思う事はこの芝居も哲学の分野

 

私には意味不明な言葉が次から次へと出て来る      それをどうにかして理解しようと思わない

 

聞いてうるちに、これは見ている人にこの話の展開を十分に理解してもらおうとは考えてない

 

不可解とか不条理とかを考えずに、役者の人達の行動を単純におもしろがれば良い

 

繋がりとか整合性など気にしない方が良さそうだ

 

ここにある世界は混沌としている 

 

Ⅰ足すⅠが2にならないと思える不自然な世界観がある    

 

どんな結果になろうともそれを素直に受け入れるだけ