明けましておめでとうございます、乃々華ですニコニコ

 

新しい年、2020年を迎えました鏡餅

昨年からの続きとなりましたが、引き続いてカルマの法則(仮説)について、さらに掘り下げていきたいと思います。

 

私の仮説では、カルマの法則は、魂(生命エネルギー)の強弱の波がもたらす、生活環境の変化だと仮定しましたが、

 

この強弱の波が定期的に繰り返されることによって、あたかも、やった事と起こった事に繋がりがあるように見えます。でも実際は別個のものなのですね。

 

善行が善事を呼び、悪行が悪事を呼ぶのではなくて、

 

生命エネルギーが高いゾーンアップに魂が存在しているときには、健康で精神的にも安定している。結果として、他人のために良いことをしたくなり、善事を享受しやすい環境にありますウシシ

 

しかし、反対に生命エネルギーゾーンが低い時期ダウンは、健康を害しやすく、精神的にも不安定になります。そういうときは悪行を働きやすくなり、悪事を受けやすい環境にあるということなのです。ニヤ

 

良いことをするから、良いことが起こるのではなく、

もともと良いことが起こりやすいプラス環境に魂がある人は、良いことをしたくなるのです。

反対に、マイナス環境に魂があると、悪いことをしてしまうということ。

 

この生命エネルギーの波の繰り返しによって、同じようなレベルの出来事が反復的に起こります。これによって、まるで繋がりがあるように見えてくるのですね。

この波こそがカルマの法則の正体なのだと仮定してみると、病気で生まれてくる不幸な子供の謎も理解できるようになります。

 

よく言われることですが、人が羨むような素敵な生活を送っているように見える人も、じつは裏では人知れず苦労していたり、不幸に見舞われたりしていて、一生を通してみると好不幸のバランスは50:50で、最終的にすべての人は公平になる。

こういう話しはよく聞きますよね。

 

物理的なもの、精神的なもの、肉体的なもの、環境的なもの。

生活に関わるすべての要素を引っくるめれば、最終的には公平なんだと仰る方もいらっしゃいますが、でも実際はどうなのかと言われれば、やっぱりそのようなことはなくて、世の中にはとても公平とは言えない人生を送っている人も多くいます。

 

世の中は不公平とは言いませんが、アンバランスです。

 

不治の病を患って生まれてきた子供や、貧困の地に生まれた子供、短命の人は、どう考えてもバランスが取れているとは思えませんショボーン

両親や周りの人達からあり余る愛情を受けたとしてもです。

そのアンバランスさは、努力でどうにかしなさい。と言われても無理なことですえーん

 

でも、なぜ人によって人生に差が出てしまうのでしょう?

それは、先ほどの波の話しに関係があります。

 

海の波波を思い浮かべてみてください。海の波の大きさは一定ではありませんよね。

単に強い、弱いだけではなく、それこそ津波のような大波から、まったく波がなく静まった凪の状態まで、その大きさは様々です。

 

ただ、この波の強弱というものは、干潮や満潮によって、また季節によって、ある程度の周期性をもっています。

年間を通じてまったく同じ大きさではなく、その強さを高めたり弱めたりしているのです。

 

このような周期性は生命エネルギーの波にも見受けられます。長音記号1長音記号1長音記号1

 

エネルギーの波が高まっているときには、その宿となる肉体も絶好調で健康体、脳の状態も安定していて精神的にも落ち着いています。ニコニコ

そのため、心理的にも余裕があり、慈愛に満ちていて人格が優れている時期なので、人間関係も良好期。

肉体、精神が良好なので、社会的にも安定した地位を確立し、生活が安定しています。いわゆる運気が高いとされる時期になります。晴れ

 

よく幸運は連続するといいますが、これは本当のことなのですね。

ラッキーはラッキーを呼び込みます。

幸運が続くのは偶然ではなく、生命エネルギーの高まりによって内的なものだけでなく、外的なものも環境をより良く整えようとする魂の働きによるものなのです。

 

逆に、エネルギーの波が低くなってくると、反対にそのすべてが低迷期を迎えます。傘

肉体的に活動力が落ち、病気がちに。脳の活動も不安定になることで、不安感が増し、向上心が見られなくなります。

こうした低迷期になると生活にもさまざまな障害が多くなりますが、その理由はほとんどの場合、自分の不安定さが元凶となっていることが多くなります。

 

この波の強弱のタイミングが、人生に大きな差を生む原因になります。流れ星ドクロ

そして、その周期によって運命というものは大きく左右されるのです。

 

続きは、また次回バイバイ

 

 

ののか

 

 

 
よろしくおねがいします

 

 

こんにちは、乃々華です。

 

すこし間が空いてしまいましたね。

例年、年度末は訪れるご相談者様が多く、なかなかブログに向き合う時間が作れませんでしたが、少しずつですが書き溜めてようやく投稿することができましたニコニコ

 

さて、今回はカルマの法則(仮説)の第2弾となります。

 

最初に言っておきますが、従来のカルマの法則とは考え方が違うのと、文章が拙く、ちょっと解かりづらいかもしれませんショボーン

なるべく解りやすく書くつもりですが、伝わりきらなかったらコメント頂ければお答えするようにしますので、頑張って読んでみてください照れ

 

前回は、についての説明をさせて頂きましたが、魂と身体の役割分担についてご理解いただけましたか?

 

わたしたちは、普段『生きている』という現象のメカニズムについてあまり深く考えることなく過ごしています。

しかし、『生きている』ということは、魂と肉体が、すごいタイミングで、まさに奇跡的な出会いにより発動した、ある意味ロジカルな現象なのですね笑い泣きハート

 

この魂という生命エネルギー体が、肉体を動かし、活動をし続けることで、わたしたち生命体は存在し、社会を形成しています。

人間だけでなく、虫や動物、魚も、植物も、魂に生かされているわけですうさぎふたご座イルカチューリップうお座

 

その生命の中心である『魂』が、カルマを生み出し、カルマを収束させている。

つまりカルマの法則とは、魂が持続的におこなう活動の一環であるというのが、わたしの唱えるカルマの法則の仮説の根本になります。

 

魂のルーティン

 

これこそが、カルマの法則を説明するうえで、もっとも伝えやすい言葉。

 

魂という生命エネルギー体が発する力の強弱の波が、宿となる肉体に作用して、定期的に同じような行動や考察、発言を繰り返させます。しょんぼりほっこり

そして、その波はバイオリズムのように上下動を繰り返しながら、肉体をコントロールしています。アップ ダウン

 

私たちは、毎日、呼吸をし、モノを考え、発言し、行動し、社会の中で生きているわけですが、その全ての行動は、魂が発信するエネルギー量の波の影響を受けています。爆  笑えーんムキー口笛

無意識な活動だけでなく、脳で考え、意識的にしている行動さえも、実は、魂のエネルギー波によって、あらかじめ決められたルーティンを繰り返しているだけなのですね。

 

魂から強いエネルギーが出ているとき、善良な考えが思い浮かび、行動し、発言し、良いことも起こります爆  笑ラブおねがい

逆に、弱いときには、悪いことが頭に浮かび、毒を吐き、悪行に支配され、悪いことが起こるムキーえーんガーン

 

つまり肉体は、魂から出るエネルギー量の上限と下限の中で、定期的に調子を上下させているのです。

 

良いことをすれば、良いことが返ってくる。

悪いことをすれば、悪いことが返ってくる。

 

【良いこと①】をしたときに、時間差をもって紐付けされた【良いこと①A】が返ってくるのが、従来のカルマの法則に見られる因果応報の考え方でした。

 

しかし、わたしの仮説では、

【良いこと①】を発動した魂は、いずれ時間差をもって【良いこと②】が魂より発動されます。

同じように、【悪いこと①】を発動した魂は、いずれ時間差をもって【悪いこと②】を繰り返し発動させてしまう。

 

簡単に言うと、魂は良いこと(↑高生命エネルギー)と、悪いこと(↓低生命エネルギー)の強弱を繰り返しているだけ。

一見すると繋がりがあるかのようにみられる①と②の出来事も、実は繋がりはなく、単に繰りかえし押しよせる浜辺の波のように、魂の連続したルーティンの一環なのです波

 

つまり何か行動を起こしたり、発言したときに、未来に向けて放たれるカルマというものは存在せず、単に、生命体は魂の強弱によって、同じような考えや発言や行動を繰り返している。

その波こそが、カルマの正体ではないかと思うのです。

 

ここまでで、なんとなくでも、私の言いたいこと、伝わってるかしらぼけーあせる

(分からなかったらコメントくださいね)

 

では、生まれたばかりなのに病気を持っている赤ん坊や、突然の事故で亡くなってしまうような不幸な人。

反対に、大金持ちの素晴らしい環境に生まれる子供や、いきなり大出世するようなラッキーな人。

 

こういう人には、どのような作用が働いているのか?

次回はそこらへんを掘り下げてみたいと思います照れ

 

あと、、、もしよかったらなんですが・・下のランキングボタンか「いいね」にポチ頂けると、多くの方に届くようになるのでとても嬉しいです笑い泣き

 

ののか

 

 



よろしくおねがいしますm(__)m

この仮説を説明するには、まずは私たち人間がどうやって生きているのかを知っておく必要がありますぼけー

そのためには、一番最初の回にも書きましたが、魂と身体という存在を分けて考えなければなりません男の子女の子オバケ

 

人間に限らずですが、生物は魂というエネルギーがあって、初めて生命体として活動ができます

身体というのは単なる入れ物であって、それ単体で活動することはないのですね。

 

魂というエネルギーが肉体に作用することで、細胞が目覚め、心臓が動き、血液が流れ、筋肉や内臓を動かして活動しだすのですゲラゲラ

生物が生物たるにあるもの、それが魂という存在なのですね。

 

一般的には、生物が生きていくためのエネルギーは食物だと考えられていますパンバナナカレー

毎日食べる食事から取れる栄養源をエネルギーにして生きている。

たしかにこれが無いと、生物は生きていけませんよね。

 

でも、食べ物というのは、時限的に細胞が活動するために必要なものではありますが、決定的な生命の源というわけではありません。

それは、死人にいくら栄養を注入しても、再び心臓が動きだすことがないことで証明できます。おばけくん

 

生物が生きていくために必要な根源となるものは、“栄養”や“水分”ではなく、魂がもつ生命エネルギーの存在なのです炎

 

この生命エネルギーが細胞に作用して、はじめて食物などから取れる栄養源を取り込むことが出来るようになるのです。

これはすべての生命体に言えること、動物や昆虫、植物なども同じです。

 

魂の輪廻転生の1回転を時系列で説明してみますと、

 

① 魂という名の生命エネルギー体は、生命の誕生にあわせて細胞に宿ります。

魂が宿る先は人間だけではありません。動物かもしれませんし、魚類かもしれない、昆虫かもしれません。パンダうお座ふたご座

魂の生命エネルギーのサイズに見合った宿を見つけ、そこに身を置くのです。

 

② 魂が宿った細胞は生命体として活動を開始し、栄養を取りながら、どんどんと細胞を分裂させて成長していきます熊しっぽ熊からだ熊あたま黒猫しっぽ黒猫あたま

 

③ いずれ成体となり、生殖活動をします。受精した卵は新たな魂の受け入れ先となります。

 

④ 時間の経過とともに、有限物質である肉体は老いという形で機能を失っていき、いずれ朽ちてしまいます。

 

⑤ 魂は機能を失なった肉体を捨てて離脱します。離脱した瞬間に細胞は活動を停止し、心臓も鼓動を止めます。寿命です。おばけくん

 

⑥ 離脱した魂は、他の生命体の生殖活動によって受精した細胞に宿り、新たな生命が誕生します。宿る先の肉体の血縁は全く関係ありません。赤ちゃん

 

このように、魂と、その受け入れ先の肉体の関係は、意外とシステマチックなのですね。

生物が持つ、食欲や性欲もなどの本能的な欲求も、その根源をたどると、それは魂が輪廻転生するための宿づくりのためです。

肉体はせいぜい持って数十年なので、どんどん新たな宿をつくらないといけないのです。

 

どうでしょうか?

生命における魂の役割りを分かっていただけましたか?

 

この基本知識があってはじめて、私の伝えたいカルマの法則の仮説が理解できるようになります。

 

もちろん、こうした魂の仕組みを納得できないという方もいらっしゃるかもしれないですけれど、生と死のメカニズムをこれほど明快に説明できるというのは、ある意味、爽快ではないですか?

 

実はこの理論は、私のオリジナルではありません。

魂の研究を長年続けていらっしゃる、とある先生がいらっしゃって、十数年前にお会いした折に教わった理論なんです。

私の感じていた疑問や感覚と完全にシンクロして、ストンと納得できた理論でした拍手

 

この理論があって、はじめて私の仮説が説明できます。

 

 

ののか

 



この記事はよかったですか?