魔人さまの「秘密ノ籠ニヨウコソ」

   →ここがどんな場所か教えてアゲル

  ◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇'◇

     「ここはね、最上さんを閉じ込める籠だ

   よ。」

        蓮の言葉にキョーコは首を傾げる。

     「普通の…素敵な洋館ですよね?」

     「表向きはね。ここは俺が帰すと言わな

    い限りでることができない籠なんだよ。」

      「あの…どうすれば帰れる籠なんです

     か?」

         キョーコは演技力不足だからレッスン

      するためなのか蓮への恋心がばれて

      頭を冷やせということなのか考えあぐ

      ねた。

         挽き肉をストックしたのはそのため?

      「つ、敦賀さんもご一緒ですか?」

         置き去りは嫌だとキョーコは思った。

       「勿論だよ。籠の鳥は通常つがいで

       しょ?愛し合うために。」

         あまりにセクシーな声にキョーコは

       ぞくぞくっとした。

          蓮はキョーコの唇を人差し指で

       なぞった。
 
           切れ長の大きな瞳は妖しく光り

        親指をキョーコの口の中に押し

        込んだ。

          「んんっ/////つ、敦賀さん」

          蓮はキョーコの反応を楽しんだ。

           「俺が欲しくなってきた?」

          「そんなふしだらで破廉恥なこと考え

          てな…あ、やっ」

          蓮はキョーコの唇を塞いだ。

          舌を絡める激しいキスを続けながら

       蓮はシャツを脱ぎ捨て、キョーコに

       逞しい上半身を触らせた。

          「どお?」

          「引き締まった素晴らしい身体で…」

          「固いのはそこだけじゃないよ。」

          「え?」

          「見せてあげるからシャワー室にき

           て?」

           「敦賀さん?」

           キョーコは後ずさりしたが、蓮は

         視線をキョーコから外さない。

            半ば強引にシャワー室に連れてこら

         れた。

            蓮は脱衣所でそれは脱ぎっぷりよく

          一糸纏わぬ姿になった。

           「きゃあ、敦賀さん!!いやあっ」

            キョーコは両手で顔を隠した。

           「今更?グアムで見たよね。

           さあ、君も脱いで。」

              キョーコの服をたくしあげる。

           「嫌、嫌っ、怖い!敦賀さん!」


         →キョーコの服を脱がそうと
            
              頑張る「危ナクテヤバイ俺」
         
                                        魔人さまに続く


         →キョーコが抵抗しはじめたので

            リラックスにと薬入りのコーヒー

            を出した。

             ほんの少ししか飲んでもらえなかっ

            たが落ち着いたのか、よい雰囲気に

            なり「君ノ熱ヲ奪ウ」

                                   かばぷーさまに続く  

   

      Popipi社長、魔人さま、皆様ありがとう

  ございましたおねがいおねがい
          


            
      2018.1.4加筆修正