まずは,ホシザメから。 | NONNON cooking salon 高橋典子のブログ
2011-04-03 21:57:54

まずは,ホシザメから。

テーマ:レシピ
昨日我が家にやって来た,鳥取港の栄進丸さんのホシザメ。

鳥取では「ホシ」と呼ばれ,一般的に食べられているそうです。
さかなクンが,特にサメの中でホシザメが美味しいと
お話されています。


栄進丸さんのホームページにもおろし方が書いてありましたが,
早速,さばくことに。


まな板の上にのせてみる。

$NONNON cooking salon 高橋典子のブログ

ドクロ
あまり,こちらを見ないで~!

・・・いつも魚をさばくときには,
どんなに目がぎょろっとしていようと,
こんなことを感じることはないのですが。


そして,お腹を出して,三枚におろそうとすると・・・・

びっくり叫び

$NONNON cooking salon 高橋典子のブログ
こんなに小さな子サメちゃんが,
お腹の中に,入っていたのでした・・・。

調べてみると,どうも生まれるまで,10ヶ月くらいは,
母親のお腹の中で,成長し,23㌢から30㌢くらいになって出産するとのこと・・。
生まれる前に,ごめんなさいね・・。

色は薄いグレーで,透明感があってとてもきれいでした。

でも,目だけは,もうこの段階から,こんななのですね。


サメの身はとても柔らかく,包丁でさっと切ることができます。
骨も軟骨で,切るのに苦労することもそうありません。
皮を剥ぐのだけが,ちょっとコツがいるかもしれません。

無事,三枚におろして,

今日は二品。


$NONNON cooking salon 高橋典子のブログ
お刺身です。
真ん中の赤いラインの入った白身は,
一緒に送っていただいた花鯛。
三か所に薄く切って盛りつけたのが,花鯛です。
みょうがや万能葱,生姜などたっぷりの薬味とともに。

とろりとした食感,サメに独特のアンモニア臭はほとんどなく,
案外淡白な味わいです。
生姜やポン酢でいただいても,おいしいです。


そしてもう一品は,

$NONNON cooking salon 高橋典子のブログ
唐揚げです。

一口大に切ったホシザメを,
おろした生姜でまぶし,酒としょうゆにつけ込み,片栗粉をまぶして揚げました。

こちらも,柔らかいサメの食感で,
あつあつをハフハフといただくと,とても美味しいです。
きっと,何の揚げ物か,食べた人はわからないのでは?


こうして,海の幸がいただけることが,
どんなにありがたいことかが,しみじみわかります。

高橋 典子

nonnonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス