魅惑のタオルの世界(続き) | コスメときもの 雑記帳

コスメときもの 雑記帳

好きなものを、好きなように、好きなだけ。


テーマ:
魅惑の今治タオルの世界、先日の続きです。
{93256AF1-F7F1-409A-996A-6B1439D0E20C}
日本橋西川のタオリエにて

STEP1〜4で蝕感、嗅覚、視覚、心地よさを経てタオル選びの楽しさを知ったわたし、いよいよ最後の段階です。

STEP5”タオリエにて”
製造部署の方が接客してくださったので、アレコレと質問させていただきました。バスタオルにするならこれ、男性が好むのはこんな織のタイプといったアドバイスはもちろん、素朴な疑問に答えてくださり感謝しております。
{C8C15949-2D83-427E-993E-92F137FEB2D1}

「これ、お洗濯したらどうなりますか?」
「敢えて撚りをゆるくして織ったタオルはドライコースで洗っていただくと風合いが変化しにくいです。それと、お洗濯するとボリュームが増すのがあるんです…!」(使用前後の展示あり)
「おお!目 そんなタオルあるんですか」
「触って好きなのはコレとコレでした」
「これは一番高価な手間のかかる糸でして…お値段が3倍で
「このカラーデザイン素敵ですね」
「枕にタオルを巻く方のために、ぴったりサイズでずれないようにできてます」

お話しを伺うほどにタオルの面白さに開眼しそうになります。しかも心地よさ・特長はそれぞれに素晴らしいので次第に「みんな違ってみんないい」みたいな心持ちに(笑)。どれにするか(タオルを買い替えたかったので)さんざん迷った挙句、いくつか使ってみて決めようビックリマーク と言うことを決めました汗あらら

家人の好みもありますし、わが家はドラム式でハードに仕上がる傾向があるので、洗濯後の感じもチェックしたいと思いまして。
{2BA457CF-D619-447F-A27C-21C54E443AE1}


8種類から絞って3種類のウォッシュタオルをいただきました(イベントとは別に自分で購入)。左上から時計回りに東京西川の今治タオル「watairo(わたいろ)」より「ゆいわた」、東京西川の今治タオル「moussepuff(ムースパフ)」東京西川の今治タオル「しあわせの今治ガーゼ」より「移ろいガーゼ」。ちなみにお洗濯するとボリュームが増えて購入時よりゴージャスになるのは「ムースパフ」。「移ろいガーゼ」はSTEP1で選んだタオルです(初心に戻りました)。
{6F9652D4-7128-4171-8384-0026A94016B8}


裏面はこんな感じ。各シリーズとも数種類異なる色柄で展開されていますが、さらに少し変化を加えたバージョンのご用意もあるため(片面がガーゼになっている、とかタオルの重さが数種類あるなど)選ぶのが楽しいです。コーデする部屋を思い浮かべて鉄の心で決めますにひひ
{F7C7AE60-5787-40F3-980F-47E0205CAE84}


こちらはハンドマッサージのときに使っていただいた東京西川の今治タオル「fuwapple(ふわっぷる)」とわたしも購入した「ゆいわた」。ゆいわたのホットタオルでマッサージ後の手を拭ってくださったのですが、なめらかで繊細な感触がちょっとした衝撃でした。乾いた状態でも綾織の糸がたいそう細かく緻密でやわらか・なめらか〜な手触りでしたが、それが一段とグレードアップするのです。タオルって面白い!! フェイスタオルにオススメですラブラブ!
{495CAAF6-E20E-4152-8B1B-48EA312D85B2}



※東京西川様にご招待いただき、イベントに参加しています

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス