東京西川へ。魅惑のタオルに迷いまくり… | コスメときもの 雑記帳

コスメときもの 雑記帳

好きなものを、好きなように、好きなだけ。


テーマ:
先日、東京西川の今治タオル「watairo(わたいろ)」にすっかり心を奪われてしまったわたくし。今治のタオルシリーズは他にもたくさんあるので、実店舗へ伺ってタオル類を買い替えたいなーと思っておりました。
{1536C166-5482-4ECC-8B87-69723FA7207D}
日本橋の東京西川さん

と、そんなわたしにピッタリの企画がありましたあし 直に見て、触って、感じて。五感でタオルを選ぶという2日間限定のイベントです。↓の「towelier(タオリエ)」とはタオルとソムリエを合わせた造語で、使う人の気分や好み、用途に応じてぴったりのタオルを提案するショップのこと。先日の記事と重なりますが、顔を拭くタオルとバスタオルに求める特徴は違いますものね。湿気のある季節はサラリとしたワッフル地が好ましかったり、男性は織のしっかりした重めのタオルが好きだったり。そんな風に、自分の感性で好きなタオルを選ぼう!というもの。
{F07FFEB5-9DDB-4EE3-B61E-BB2C14B8A433}{FFE6919D-9000-4528-9CFA-3D3B428D98D3}

それではご一緒に目

STEP1 ”肌ざわりを選ぶ”
このタオルタワーはすべて今治タオル。8種類のタオルをひたすら触ってどれが好きかなーと選んでみます。ふわふわで肉厚、しっとりやさしい肌触り、表と裏で織が異なって楽しいなど、それぞれに良さがあるので中々決められません。直感で決めるのがオススメ。
{594AC6AE-B504-4A00-B816-141FB04ED28A}


わたしが選んだのは東京西川の今治タオル「しあわせの今治ガーゼ」より「移ろいガーゼ」でした。画像はタオルコースターです。目の細かな糸で編まれたやわやわガーゼとふんわりしっとりのタオルの両面使い。
{F243166F-1620-4F5F-9A33-5FC1D4DB175C}


STEP2”香りを選ぶ”
ここは「好きな香りを選ぶのと同じようにその時の気分でタオルを選びませんか」というデモンストレーション。5種類の香り(グリーン系、ラベンダー、ローズ系、シトラス系、マンダリン)を試し聞きすることができます。
{31F31043-DF26-4672-A0BC-53DF17D613CA}


この日わたしが選んだのはラベンダー系の「リラックス&ビューティ」。すぐ側の吸水機で指を湿らせて、タオルで拭いてもらい、次へ進みます。
{7F7FC656-69B9-4CF2-A3DD-5BCDB7DBF786}


STEP3”色を選ぶ”
カラーセラピーという言葉が示すように、色は精神状態に影響をもたらすもの。このタワーには寒色系から暖色系まで白を含め様々な色のタオルがタイル状に貼ってありますので、ここから好きだなぁと思う色を選びます。わたしは上のタオルコースターと同じ、うす紫色音譜 確かに、1日の最後はこんな色のバスルームで過ごしたいので、ごく納得。
{9F6CBB0B-9D5C-4A76-9219-EB38AF530FBA}


STEP4”タオルマッサージ”
オイルでハンドマッサージしていただきますニコニコ テーブルに敷いてあるタオルもまた東京西川の今治タオル「fuwapple(ふわっぷる)」というもの。ポコポコとしていて肌に当たる面積が小さい分、刺激は少ないのに吸水力が高く、バスタオルにイチオシなんだそう。ふむふむ。
{09480B62-5195-4813-B6B0-CDCB1FF9755C}


マッサージの後にホットタオルで拭いてくださるのですが、その繊細でシルキーな感触にビックリ。そのほか東京西川の今治タオル「moussepuff(ムースパフ)」も気になる…と言うわけで、俄然 STEP5へ向かう足取りが早まったのでしたあし

長くなったので2回に分けます…音譜

※東京西川様にご招待いただき、イベントに参加しています

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス