365日ご自愛さま。~コソダテモ、シゴトモ、ココロノママ、オモイノママ~

コソダテモ、シゴトモ、ココロノママ、オモイノママ

クローバー ibマッピングセッションの受付について クローバー



悩みは視点を変えたら強みに変わる!


ココロを解き放ちたい方


最強のココロ整理術ibマッピングで

スッキリしませんか?

9月受付日 /7・8・13・14・15・19・21・25・28 日


受付時間 11時~16時の間



90分 12,000円/60分 8,000円




問い合わせ・お申込みフォーム


https://ssl.form-mailer.jp/fms/c0ed4583465205







テーマ:

 
この文書はライティングゼミ講座に
投稿したものです
 
*****************
 
私は海の中にいた。

 

 

海水が耳の奥まで流れ込み、
外への意識が遮断されたような感覚の中、

瞼の向こうにわずかに光を感じながら、
 私の身体を揺らす手と、水の揺らぎに
身を任せていた。
 
 
その時突然に、

「お母さんが
言ってくれなかったからだ!」

という声が心の中から沸いて来た。
 



 
私は、11歳の時に母を亡くした。
きっかけは、私がもらってきた、
水疱瘡だった。

 
風邪気味だった私が、
どうしても行きたかった、
そろばん塾のクリスマス会。
 

「今日はやめておきなさい」
と言う母の声を押し切って、
参加したその会で、
私は水疱瘡をもらって来てしまった。
 
水疱瘡は、姉にもうつり、
最後は、
二人を看病した母にもうつってしまった。
 

大人になっての流行り病は
重症化するとの通り、
母は身体の表面だけでなく
口の中にも水泡ができ、

 
それが悪化して、
とうとう入院する事に なってしまった。
 


当時の私には、
だれにも言えない罪悪感があった。
 
私のせいだ。私のせいだ。
 
だれも、そんな事は言わなかったけれど、
私自身は、そう思っていた。
 

 
そして、母は助からないらしい、
という事を理解したとき、

 
「『お母さんがいないから』って
言われないように 強く生きよう」
 
と決意した。

 
私は、泣いちゃいけない。

 
だって、あの時、
言う事を聞かなかったから。

 
これからは、
お母さんが立派に育てたんだねと、
言われるような子になろうと
そう思った。
 


母が息を引き取る時も、
会えなかった。
 

駆けつけた時には、
それまであった
大きな器具も片付いて、
 

呼吸器を通すために、
喉に大きく空けられた
痛々しい穴も
包帯で見えなくなっていた。

 
悲しさより、
「ああ、やっと楽になってよかったね」
そう思った私は、泣かなかった。
 
 
 

それから、数十年。
 
品行方正とはいかないけれど、
私はあの時決意した思いを忘れずに、
生きてきた。

 
自分の道は、自分で選び拓く。

 
早いうちから実行していたせいか、
波乱万丈ではあったけれど、
とても充実した人生を過ごしていると
自負している。

 
時折、落とし穴はあっても、
それを救ってくれる出来事が
ちゃんと待ちうけていて
前に進む事ができた。
 
 
周囲を差し置いて、
いきなり大抜擢されたり、
 
好きな相手とは
必ずお付き合いができたり、
 
欲しいものが手に入ったり、
 
仕事恋愛も遊びも、
自分の思い描くように過ごせた、
20代の頃は、
 
 私が頑張っているからだと、
いきがっていた。


 
そのうちに、これは、
周囲の人の助けがあってこそ。

 
人だけなく、目に見えないもの全てに
生かされているのだと
思えるようになった頃には、
 
とても幸せな人生を送っているなと
素直に思えるようにもなっていった。
 


母の死は私にとって、
辛い事ではあったけれど、
 

その後に
素晴らしい人生を送るためには
必要な事で、

 
身を挺してまで、
私にそれを残してくれた母に
心から感謝していた。
 


ただそうして
感謝が深まっていくほど、

 
自分の中に常に
小さな怒りがある事にも
 気づき始めていた。
 


母の死の時に、
周囲の大人に言われた心無い言葉。
 

世の中の、
母親や環境のせいにする、甘えた意思。
 


心の学びをしていた私は自分の中の、
ありとあらゆる怒りと向き合って
受け止め、理解して、
 
上手く付き合う術を見つけてきた。
 


 
でも、ほんの僅かな、
小さな怒りの火だけが、
 
ずっと正体不明のまま残っていた。
 

 
私は、そんな自分の中の
謎の小さな怒りをどうにかしたかった。
 
自分の意思とは関係なく、
ざわざわするのが、
気持ちが悪かったのだ。
 


 
そんな時、目に飛び込んできたのが
「魂が喜ぶ水中ヒーリング」の
体験告知だった。

 
 自分の謎の怒りの正体と
向き合える事を期待して、
迷いなく、参加する事にした。
 

 
当日、私はこれまでの事、
自分が感じてきた事を沢山話した。

 
正体不明の小さな怒りの存在も。

 
普段は、つまらないトラウマに
誤解されるのが嫌で、
伝えるのは
得意ではなかったのだけれど、

 
この日は、不思議とすらすらと
言葉を選ばなくても話ができた。

 
そこで、やはり出てくるのは、
母の死にまつわる事だった。
 

「もう、消化済みなんですけどね」

と言いながら、
思い出せることを話していた時、

 
「一番、誰に怒っていて
何を伝えたいですか?」

と聞かれ
 
その時、頭に浮かんだのは、
意外にも感謝していたはずの母だった。

 
同時に浮かんできたのは、
祖母から聴いた、
母が生前に伝えた言葉。

 
「さちよ(私)の事は
心配してないけど、
○○(姉)の事は心配」

と言っていた事。
 
そして、実際に、
母が書いていたメモの中に、
姉の名前があり、
心配だと書いてあったのを
見たシーン。
 

この出来事では、
子供の私に無神経に伝えた、
祖母に対しての怒りを持っていた。
 
そしてそれは、もうずっと昔に、
自分の中で理解し許せた事だった。


ところが、
 
「え、なにこれ? 
私、お母さんに対して
怒っていたの?」
 

と、それまで無自覚だった
感情がある事に
気が付いたのだった。

 
自分の気づきに、少し驚きながらも
「その感情を海で流しましょう」
との言葉に促され
海に入り、身をゆだる事にした。

 
 
海の中は気持ちが良くて
母への感情も
消えてしまうほどだったのだけれど
 
しばらくすると
 突然に、

「おかあさんが
言ってくれなかったせいだ!」

と私のココロが叫びたした。

 
せきを切ったように、
 
「私の事も心配だって言ってよ」
「私と、絶対に離れたくないって言って」
「最後まで、何も言わず
行っちゃうなんてひどいよ」
「だから私、
がんばるしか無かったんだよ」と


 
そうか、これか。


 
私の、正体不明の小さな怒りの正体が
見えた気がした。

 
おかあさんに、悲しみや不安を
素直にぶつけられなかった事が
残っていたんだ。
 

そのことを、伝えると、

 
「頑張って頑張って、
早く大人になったから、
ワンステップ飛ばしちゃったのね。

 
おかあさんもきっと、心配させまいと
頑張っちゃう人だったんでしょうね。

 
今からでも、11歳に戻って、
時々お母さんにわがまま言ったり
甘えてみたら?

 
11歳の子どもは、
泣いて叫んでもあたりまえなのよ」

 
そう言ってもらえて涙が止まらなかった。
 

 
11歳の私は、
自分を守るのに必死だったんだな。

 
病気にさせてしまった罪悪感もあって、
離れたくない、さみしいって感情を、
素直にだせなかった。 
 

無意識とはいえ、
がんばる事を選ぶしかなかったんだな。
 

 
よく、がんばったじゃん私。
 
 

そんな私を思って、
きっとお母さんも気丈にしていたのね。


 
お互い、もっと素直にぶつかって、
泣いたらよかったのに。
 


 
そして、その夜、私は
母への思いを吐き出して泣いた。
 
 

 
今でも、小さな火が、
ココロをざわつかす事がある
 

でも、大丈夫。

 
正体も解ったし、
天国で受け止めてくれる
お母さんがいる。
 

「もう、また、お母さんのせいで、
意固地な私が出てきたじゃないの。」
と、理不尽な事を伝えている。
 

そして最後に、
「悪いと思うなら
夢の中で抱きしめに来てよね!」
とわがままを言う。
 

そうすると、
気持ちも穏やかになる。

 
本当に夢に表れてくれたら、
私の怒りの火は
消えるのかもしれない。 
 

しつこく甘え続けたら、
来てくれるかしら? 
 

そんな日を心待ちに、
心の中で11歳の私は、
母に沢山甘えているのだ。
 

そして、
その日が来てもこなくても、
こうして気づける機会を
与えられた事には、
心から感謝している。
 
***********
 
ここまでがライティングゼミに
投稿した文章です

 
私がこの思いに気づけて
文章に残せた事だけで
とてもうれしかったのですが
 
 
IMG_1504878931120.jpg
 
 
こんな風に評価を頂けたことは
素直に嬉しかったです
 

最後に、
素敵な人生を与えてくれて
ありがとう
 
IMG_20170909_001513188.jpg
 
おかあさん
大好きよ

 

************

 

9月からの

最強のココロ整理術ibマッピング

ベーッシック講座で

一緒に心の整理いかがですか?(笑)

 

(講座の案内は画像をクリック)

 

 

■初めてお越しいただいたた方へ■

お越しいただきありがとうございます。私の自己紹介です(^^♪
こちらをご覧ください。 


 

■ibマッピング個人セッション■

★ibマッピングとは?⇒こちら

★セッションのご案内は⇒こちら

★お申し込み・お問い合わせは⇒こちら

 
 

■9月期 ibマッピングベーッシック講座■

最強のココロ整理術。ibマッピング
 
 
9月期は大阪教室のベーッシック講座を担当します
 
鉛筆大阪教室開講のご案内
日時 計6回
9月26日・10月10日・24日・11月7日・21日・12月5日
時間:13:15~16:15 
会場:梅田総合生涯学習センター(第二ビル5階)
 

 

<ibマッピングを学ぶご利益ブログ>
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)