昨日掲載しましたデイリー杯、武蔵野Sとエリザベス女王杯の
比較から、エリザベス女王はと一致するマーフィー、北村の
配置は不発でしたね。
 
デイリー杯は、10レースまで不発のデムーロが3着
武蔵野Sはこれも10レースまで不発の藤岡が2着
と分かりやすい結果となりました。
 
デイリー杯で2着に来た松岡は、先々週、関西で不発、
先週3着1回でオッズ的にも怪しい動きがあり
狙いやすいところだったと思います。
 
また、東京の配置では指摘した4番森が
2度の高配当を演出してくれました。
こちらの情報は役に立てたと思います。
 
 
さてエリザベス女王杯の当日配置から
第一弾を書きたいと思います。
 
 
当日配置では、9~12レースにかけて
マーフィー、藤岡康太の並びが
強調される配置が作られています。
マーフィーは、土曜の平場で来すぎた感もありますが
前日の結果からも残っており注意が必要な1頭と言えます。
 
あとデイリー杯で3着だったデムーロ、
日曜は平場の成績でラブズオンリーユー
の取り扱いを決めるといいと思います。
(現時点では有力です)
 
京都競馬の平場に参加する方向けの情報
1,4,5レース
表2番父ロードカナロア
5,7,9レース
表3番父ディープインパクト
3,4,5レース
裏6番父ロードカナロア
 
東京は
2,5,6,11,12レースの
5番北村
4,6,7レースの
7番野中あたりですかね