上2人と産婦人科で2度目の検診へ。

え…なに…
これまでならサッと見て、その後待合で待ってる上の子をエコーの部屋に呼んでもらえるはずが

何だかジックリとずっと見られてる…


あー だか んー だか先生が呟いている間、どんどん血の気がサーっと引いていき
時間にすればほんの数分の事だっただろうけど、説明がなく長引く検診は何十分にも感じて生きた心地がしませんでした
ガーン

すると、助産師さんか誰かと「これ、、そうやんな。」と確認をとりあい
カーテンの横から先生ひょっこりはん

そしてエコーの画面を指差し21E38F34-9DDF-4B85-A49E-5D9257BD986B


え?どれが????
何が????
双子????
はい??????

完全に混乱する私をよそに何だか話をしている先生。
今真剣に思い出しても何喋ってたのか思い出せないほど話が耳に入ってきませんでした。笑

双子だから早めに転院を〜という話が唯一記憶してる話かな…


とりあえず、混乱したまま病院を出る私。

現実が受け止めきれないよ
星


上2人は「赤ちゃん見られへんの?」「赤ちゃん元気無かった?」と心配気味。

一旦家に帰ったものの
近所の病院がその日はおじいちゃん先生だったのもあり「目が霞んで二重に見えたのでは…」とどうにも信じきれず(失礼)少し大きめの産院に電話をすると見てくれる事に。


と、言う訳で1日に産婦人科ハシゴ
D794701A-BE93-490C-96A2-08C56A9C0FF9


2人の産婦人科医が見て断言するなら間違いない。
6週にして、発覚。


……双子なんだ…



そう受け入れた瞬間に何とも言えないニヤニヤが込み上げて口元が緩みまくる〜
!!

この時はまだ、双子妊娠の過激さもリスクも何も知らず ただただ街中でたまに見かける双子ちゃんの可愛さばっかりを想像して幸せが溢れまくっていました…
ラブ

これが最後の妊娠!と決めた妊娠がまさかの双子…

双子だとわかった瞬間、お母さんは喜ぶ人と不安で凹む人とに割とハッキリ分かれると聞きましたが、私は間違いなく前者でした。



続きます。


 

★初めましての方はこちらから★

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ・ご依頼は info@soakinc.com

※作品及びイラストの無断転載(埋め込みによるものを含む)を禁じます