⬆︎
昨日のブログの続きです。
読んで不快に思われる方もいらっしゃると思いますので、
閲覧注意でお願い致します。

昨日
最寄り駅🚉から
バス🚌で帰宅しようと思い、
バス停に行くと
バス🚌は発車したばかりで
30分程
待ち時間がありました。

昨日の日中
蒸し暑かったですし、
どこかで待とうかなぁ。。。
と思っていましたら

隣のバス停留場所に
一台のタクシー🚖が止まりました。

そして
タクシーから降りてきたのは
年配の男性 二人でした。
一人の方は
両手に杖をついていました。

松葉杖ではなく、
腕の部分に
輪っかがついているタイプの物です。

“体に不自由な所があるのかなぁ?”
と思っていたら

杖をついていた方の
左足が
膝が曲がる方向とは逆に
どんどん曲がって
何かが落ちてきました。

その年配の方は
義足だったのです。。。

長ズボンを履いていらしたので、
義足を持ち上げようと思っても
ズボンが邪魔をして
持ち上がらないようでした。。。

もう一人
ご一緒にいらした方は
挨拶を交わした後
乗ってきたタクシー🚖で
その場所を去って行ってしまいました。。。

バス停留場所でしたので、
直ぐに
タクシー🚖が移動しなければならなかったのだと思います。

残された
年配の男性は
杖をついて
ズレ落ちた義足を
持ち上げようとしていました。

駆け寄って
義足を持ち上げ
ご本人に確認しながら
ズボンの裾を下げましたが、
初めて
義足の方と接し、
どうするのがベストなのか
全くわかりませんでした。。。

そうこうしている間に
バス停留場所に
バスが来てしまい
安全な歩道へ
上がってもらおうと思ったのですが、
4センチ程の段差が
その方には
上がれませんでした。。。

「義足が 上手く動かない。。。」
と。。。

何度も
義足の位置を変えて
はめようとしていましたが、
上手く動かなかったようです。。。

何も出来ない自分を
無力に感じました。。。

歩道の側まで
男性の方が
杖で義足を移動したので、
義足を歩道の上へ
持ち上げました。

なんとか歩道へ上がり、
他に出来そうな事を尋ねましたが、
その方が
「もう大丈夫です。ありがとうございました」
丁寧にお礼を言って下さいましたので
隣のバス停で
また
バス🚌を待っていたのですが。。。

10分程
その年配の男性は
義足の位置を変えたり
苦戦しているのが
見て取れました。。。

ケータイで電話したりしていたので、
“どなたか お迎えに来るのかな?”
と思っていましたが、

電話を切ったあと
義足を杖で移動させながら、
ゆっくり歩きだしたので
もう一度
声を掛けてみました。。。

「20メートル程先の
  タクシー🚖乗り場まで行って
  タクシー🚖に乗るが、
  いつも乗っているから
  大丈夫ですよ。。。」
とおっしゃっていました。。。

あの時
私に出来た事は
何かあったのだろうか?と
自分の無力さを痛感しました。。。

私の父より
歳上であろう
その男性との出会いが
敬老の日だった事に
後から気づきました。。。

義足に初めて触れて
あまりの重みに
驚きました。

もっと軽いと思っていたのです。。。

足の無い方にとって
義足は足ですが、
動かない義足は
かなりの重さですし、
大変だろうと
容易に想像できました。。。

帰宅後
長男ニヤリと次女ニコニコ
話をし
「困っている方がいたら
   声を掛けたいと思うけど、
   何も出来ない自分に
   気づいたんだよね。。。」
そう伝えたら、

次女ニコニコ
「ママは声を掛けたし、
   出来ることはしたし、
   相手の人も
   お礼を言ってくれたんだから、
   ママはやれる事はやったんだよ!」
慰めてくれました。。。

やれる事はやったけれど、
出来ることがない自分を
痛切に感じ、

“長女おねがいが闘病中も
 見ていた方の中には
 何か出来ることがあったら。。。”
そんな風に思って下さった方も
いらっしゃたかもしれない。。。

そう思った
敬老の日の出来事です。。。

人を敬う心
子どもたちニヤリニコニコ照れ
伝えていきたいと思っています。。。


長女おねがいのお花💐
ピンクでいっぱいになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
沢山の方に 私の拙いブログをご覧頂きまして 心から感謝申し上げます。

また、沢山のいいね👍 本当にありがとうございます。

“見て下さる方がいらっしゃる”
と 沢山パワーを頂いております。

平成23年に脳幹グリオーマを発症した 長女おねがいの闘病の その後を書いております。


⬆︎初めての方は こちらからお願い致します。

なぜ 闘病のその後を書くのかは
又は
をご覧頂ければと思います。

偶然ブログを見た方が驚かないよう アメンバー限定記事には 長女おねがいのより厳しい状況が 書かれております。
大変申し訳ありませんが、閲覧注意でお願い致します。

なお、現在は 長女おねがいの病気を治すべくチャレンジした長男ニヤリの中学受験体験記を書いております。
ご興味のある方は
⬆︎のブログから よろしくお願いします。
フォローしてね!
===================================