M11 | 野村孝博のブログ

野村孝博のブログ

ブログの説明を入力します。

 首位ヤクルトが2位阪神との直接対決に勝利し7連勝、優勝マジック11が点灯しました。昨年最下位のチームが優勝マジック点灯ですから、ペナントレースというのは分からないものです。今年は阪神が優勝かと思いましたが、ここへ来てヤクルトが強すぎますね。とはいえ、上位3チームの中だと、優勝してほしい順番はヤクルト、阪神、巨人ですから、このまま優勝してくれるのが精神衛生上は一番良いです。

 

 前回の優勝が2015年、我らがカープに黒田投手、新井選手が復帰した年で、勝手に「優勝だ!」と盛り上がって30試合以上観戦に行ったのに、ヤクルトに優勝をかっさらわれたのでした。その前が2001年、その前は1997年、1995年、1993年とカープに比べるとコンスタントに優勝しています。2001年から2015年はちょっと空いてしまっていますがそれでも14年ですからね。

 

 カープとしては申し訳ありませんが、ヤクルトはお得意様のイメージでした。カープが初めてCSに出場した2013年が12勝11敗1分け、2014年は16勝8敗、2015年こそ11勝14敗で負け越していますが、この年ヤクルトは優勝ですから致し方ありません。2016からのカープ三連覇の間は17勝8敗、17勝7敗1分け、19勝6敗、優勝を逃した2019年も13勝12敗、5位だった2019年も14勝7敗3分けです。そんな感じで、割とヤクルト戦は安心して観ていたのですが、今年は開幕から分が悪く、どこかで盛り返してくれると思いながらもズルズルと来て5勝14敗です。実にカープの借金11の内9がヤクルトですから困ったものです。

 

 カープが現在4位ですが、5位中日に対しては12勝4敗、最下位の横浜に対しては15勝5敗ですから、鬼のように貯金してくれています。下位に取りこぼしが無いというのは優勝を狙う上で大切な要素ですが、取りこぼしなさすぎでしょう。阪神と巨人には若干負け越してはいますが、昨日の試合のような勝負所で勝てるというのは凄いです。

 

 そんな訳ですから、ヤクルトが見事優勝した暁には「カープのおかげ」だということを忘れて頂きたくないですね。本日はカープが巨人をやっつけましたから、益々カープのおかげです。そういえば、先日の阪神戦は3タテを食らわせました。そんな訳ですから、ヤクルトファンの皆様、感謝してください。