45歳定年制 | 野村孝博のブログ

野村孝博のブログ

ブログの説明を入力します。

 サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、自らが副代表幹事を務める経済同友会の夏季セミナーで45歳定年制を導入すべきだと提言しました。報道で一報を聞いて、内容を読んでみましたが、報道の内容では真意が良く理解できませんでした。セミナーの中でのお話だったようですから、セミナーの内容全体の中でその発言がどのような位置づけだったのかというところが分からないまま、言葉尻だけ取り上げるだけでは、まぁ伝わるはずもないでしょう。

 

 とは言え、セミナーの全文を拾って読み込むなんて言うこともしないわけですが、「45歳が定年になれば、定年後に働ける人材になるために30代、20代がみんな勉強するようになり、自分の人生を自分で考えるようになる」ということだそうです。これでも今一つピンときませんが、「日本の多くの企業が採用している、年齢が上がるにつれ賃金が上昇する仕組みについても、『40歳か45歳で打ち止め』にすればよい」と語ったそうです。うーん、定年を45歳にしなくても、それでいいじゃんという気がしますね。この発言が若干炎上してしまったようですが、一日明けて新浪氏は「定年という言葉を使ったのはまずかったかもしれない」と釈明したそうです。自らの主張を、分かりやすく具体化するためにこうした言葉を使ったのかもしれませんが、なんていうか切り取られやすい言葉を使ってしまったのはうかつと言えるかもしれません。しかし、こんなことを言ってしまうと、公に発せられる言葉は全て曖昧模糊としたものになってしまいそうですから、それはそれでダメですね。

 

 先日読んだ「日本人が知らない世界標準の腹き方」にあった「日本人がまず認識すべきなのは、安定した雇用というものはないということ。そして、大事なのは自分が幸せになるのは、自分が求めることに取り組むことで合って、『周囲』が期待する役割を演じることではないということでしょう」という言葉が印象に残っているわけですが、新浪氏も同様なこと、特に前半のようなことが言いたかったのではないかと思います。でも、「安定した雇用というものはない」と雇われる側が海外で仕事をした実感として言うのと、雇う側が言うのでは印象が大きく変わってしまうでしょう。

 

 国が定年を65歳に引き上げて、70迄になるのではないかなんて言う話も出ていますが、そうした施策に対するアンチテーゼだったのではないかと思います。国がそうしたいのも年金が危機的状況だからというところが大きそうなので、対症療法的な気がしますし、新浪氏の仰るところも一理あるように受け止められました。