法政つながり

テーマ:





怒濤の1週間を乗りきりました。

一昨日の土曜日は、プレミアリーグの実況たて積みでした。

1試合目は、バーンリー対マンチェスター・シティ、水沼貴史さんの解説です。
バーンリーが、これぞ、 English footballという戦い方で、マン・シティに挑む、ある意味、見応えのあるゲームでしたが、一歩及びませんでしたね。

2試合目は、チェルシー対トッテナム、解説は、川勝良一さんです。
前半はチェルシーの守備の甘さもありスパーズのゲームでしたが、後半、チェルシーが、しっかりと守備を修正して勝つあたりは、流石、イタリア人のコンテ監督でした。

土曜日、御一緒した川勝さんも水沼さんも、母校、法政大学の大先輩です。

法政の先輩方には、いつも、大変、お世話になっています。

僕は、法政大学の附属の法政一高出身の上、大学も一年、留年しているので、法政には、合計8年、通いましたし、妻も法政女子高→法政大学の出身なので、夫婦揃って、根っからの法政っ子です。

余談ですが、妻のストロングなスタイルは、元々の性格に加え、法政女子高で育まれた部分も多いのではないかと…(笑)。

サッカー選手は勿論、アナウンサーやマスコミ人も多く排出している法政なので、実況・解説・リポーターが全員法政出身な上、制作スタッフにも法政出身者がいる法政祭り(笑)の中継も多々あります。

ちなみに、スポーツライターの金子達仁さん、戸塚啓さんは、ともに法政二高→法政大学の出身です。

母校の繋がりって良いですね。

Viva 法政なのでした!!!