うちのような個人塾に求められているものはまずは受験の合格だったり、定期テストの点数だと思っています。

世の中には「やる気スイッチを押す」というところをウリにしてる大手フランチャイズの個別指導塾とかもありますが、自営業だとそこまで大上段に構えたとて、目先の点数が上がらなければ見切られてしまうだけですからね。

ほんとは心の中では「やる気スイッチ?そんな簡単にポチッと押せるなら、誰も苦労しねーよ」くらいには思ってますが(笑)

まずはゴリゴリ勉強してもらって学力が上がった上でそのこと自体をモチベーションに取り組み方がかわってくればいいかなと考えて指導しているつもりです。

あえて、うちの塾の学習指導で他に身につけてもらいたいものがあるとすれば、「粘り強さ」ですかねえ。

うちの塾のシステム的にやりやすいってのもあるけど、基本的な部分のドリルはある程度の正答率になるまでは何度か繰り返しさせるようにしてます。

まあこちらとしても何度も同じことをやらせるのに葛藤もなくはないですよ。

「同じことばかり繰り返させると飽きちゃったり、嫌になってしまうんじゃなかろうか」とか自問自答したり、「生徒はどんどん進んでいく学校単元に沿ってやりたいんじゃないだろうか」って。

自分が正しいと思ったことをやらせていても、一応商売でもあるんで、生徒が「同じことばかりやらされてつまんないからやめたい」なんて言われるのも避けたいし、定期テストのこと考えたら学校進度も進めないといけないですからね。

そのあたりのバランスを考えながらカリキュラムは考えていますが、だからといって出来ないものもほったらかしにするわけにもいかないので、やはり何度も同じところを繰り返し学習させることは出てきます。

先ほど「葛藤はなくはない」って書きましたが、実際のところは「それでイヤになるなら仕方ない」と割り切ってやらせることがほとんど。

学力がつかなければ結果的にはどうせ一緒ですから。

そこを乗り越えてできるようになった子は成績はかなり安定してくるのもわかってますしね。

中学の履修内容くらいだと苦手科目だったのに、やり込み続けたら1年後には一番の得意科目になったなんてこと珍しくないです。

やらせる方もそれなりの辛抱強さは必要ですが、粘り強くやって身につけたものはいろんな意味で武器になりますからね。

これは受験勉強に限ったことではありません。

「粘り強さ」が「あきらめの悪さ」だったり、「見切りの遅さ」といった欠点になることもなくはないですが、たいていの場合においていい結果につながることの方が多いはず。

いろんな人をみてきても、自分で「粘り強い」って言える人は人間的にも強いんだろうなって思えます。

イヤになったら「もうや~めた」って放り投げるのは簡単だし、誰しもギブアップしたくなることってありますが、今やほぼ全ての子が高校には進学する時代で、多くの子がそこから大学にも行きます。

将来にも大きく関わってくる可能性の高い受験勉強で「もうや~めた」なんて諦めたときに失うものってたぶん小さくありません。

逆に「ちょっと厳しいかな」くらいなところをターゲットにして、不安を抱えながらも克服できたら、それは結果以上に大きな自信を手に入れることができます。

子育てだって同じかもしれませんよ。

生んだからには我が子には誰しも幸せになって欲しいというのが親心でしょう。

素直な優等生になってくれればいいけど、反抗期で言うこときかなくなって、スマホやゲームばかりで全然勉強しなくなったりする可能性だってあります。

そんなときに「ちっとも言うこときいてくれないから、子育てや~めた」なんてできないでしょ

ちょっとは勉強するように仕向けないと大学だって行けないかもしれないし、遊んでばかりでまともなところに就職できなければ、ずーーーっと次元の低いところで心配し続けなければいけないかもしれないですからね。

「カイジ」の利根川幸雄が言うように、「ギブアップ・・・?真剣勝負にそんなものあるか」ってことです。




例えば、自分や親族ががんになった場合、生死がかかっていたり、家族を残して死にたくなければ、手術もするし、副作用のきつい抗がん剤の治療もするわけです。

本当に大事なことならそう簡単にギブアップなんてできないはず。

子育ても受験勉強も真剣勝負ですよね。

子どもが投げ出しそうになったら、そこはしっかり喝をいれるなり、フォローして「粘り強く」対応していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



一宮市大和町妙興寺の次世代型自立学習塾e-Study

http://www.e-study.school


にほんブログ村に参加しています。

よろしければ、↓のバナーをポチッとお願いします。



にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村