2学期は学校のイベントも多いですよね。

運動会、文化祭、合唱コンクールなどの学校イベントも多いし、部活も3年生が抜けて最初の大会があったり、等々。

塾のブログだと毎年のように書いてますが、こういう学校行事が多い時期って勉強をおろそかにする子が増えがちです。

「文化祭の準備があるから~」とか「体育祭の打ち上げが~」となんだかんだといって、後回しにしちゃうんですよね。

特に成績下位層は「学校関係の行事である」というだけで大嫌いな勉強からエスケープする絶好の口実としてまるで「勉強しないことの免罪符」であるかのように保護者に説明してたりします。

塾講師の立場からすると「中学生が打ち上げってなんだよ!」って思うのですが、そういうのを「まあ学校のイベントだからそっち優先で仕方ないわねえ。友達とのつきあいも大事だし」なんて感じで許容されるお母さんたちも少なからずいらっしゃるようです。

でも、別に学校でいろんなイベントがあるといっても、基本的にはそのイベント当日以外は毎日教科の授業があり、宿題も出され、履修内容は進んでいくわけです。

イベントがある時期だろうが、学校生活の中心が勉強であることには変わりません。

中学生の場合はどの学年も2学期は差がつきやすい単元を多く習います(高校生の履修内容は年中ずっと大事)。

もちろん中間や期末といった定期テストだってあるし、そこで「イベントがあるからちょっと簡単にしといてやろう」なんてことは絶対にありませんからね。

「文化祭の準備を一生懸命やってたから、試験勉強あまりできなかった」なんていわれても、「は?」でおしまい。

学校でのイベントは楽しいものも多いけど、それだけに逃げ道になりやすいです。

どっちも真面目に取り組むのが一番いいのでしょうが、「イベントの準備とかやりたい連中にまかせて、私はまずは普段どおりしっかり勉強してよ」という子たちだっていますからね。

学校イベントに積極的に関わることは気分転換にもなるだろうから否定はしないし、イベント準備をするときに真剣にやるのは当然としても、勉強ほったからしにしてかまけるのは本末転倒。

いろんな価値観があるのは承知の上でですが、学力面だけみると、体育祭やら文化祭の準備を頑張ったからといって成績が上がるわけでもないんだから、時間的、能力的に両立が難しいなら勉強を優先させてほしいところ。

あくまで塾講師目線でですけどね。

強いて言うなら合唱コンクールとかで指揮や伴奏を担当するなら音楽で5をもらいやすいので、頑張って立候補するならアリかなってくらい。

あまりかまけている子に対しては、そんなにイベントに一生懸命取り組みたいなら、「定期テストも学校イベントの一つと思って頑張れよ」って声を大にして言いたいですね。

運要素は皆無の点取りゲーム大会で学年順位や偏差値といった数字でみんなと競争できると考えれば、モチベーションの上げようだってありそうなもんでしょ。

実際に成績が右肩上がりの子って定期テストがくるのそんな嫌がらないですし。

「学校行事だから」というとついつい勉強後回しでもいいような雰囲気になりがちですが、イベントは所詮イベント。

実際には授業は進んでいくし、定期テストも行われます。

少なくとも成績上位層で「学校行事が~」という言い訳をし勉強不足になる子はほとんどいません

学齢期のお子さんをお持ちの家庭は親子ともども優先順位をしっかり把握して学習を疎かにしないようにしていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



一宮市大和町妙興寺の次世代型自立学習塾e-Study

http://www.e-study.school


にほんブログ村に参加しています。

よろしければ、↓のバナーをポチッとお願いします。



にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村