受験が終わったら

テーマ:

今日は愛知県の公立高校入試の合格発表があります。


このブログを書いている時間にはまだ結果が発表されていませんが、高校入試の場合は倍率からしても合格する子が多いとは思います。


塾的には入試の筆記試験前までで「指導」という形ではおしまいでも、それでも本人たち同様に結果が分かるまでは落ち着かず、今日でようやく一段落という感じです。


受験生だった子たちの中には入試の結果が出たら、塾にも丁寧に「合格しました。ありがとうございました」と結果を伝えにきてくれたりする子もいてうれしいけど、まずは一番身近で支えてくれた人、お父さんやお母さんに「いろいろ今まで応援してくれてありがとう」と伝えてあげてください。


特に受験のためにどこか塾に通わせてもらってきた子たちにはそう言ってもらいたいと思います。


毎月の授業料が2万円かかるとしたら、それは時給1000円のアルバイトで20時間分です。


大学生になってアルバイトするようになればわかると思いますが、自分以外のためにここまでやってくれるのは肉親しかいません。


もちろん、ほとんどのお父さんやお母さんにしてみたら、自分の子どもの教育のために「もったいない」とか「塾に通わせてやってる」なんて感覚はなく、むしろ「当然のこと」と思ってるし、「感謝されたい」なんてこれっぽっちも考えてはいないでしょう。


また、勉強したのは本人だけかもしれませんが、自分で替わってあげられないからこそ本人以上に気をもんでいたはずです。


高校に入ったからといって、これからもお世話になることも、心配させ続けることも変わりはないけど、高校入試は一つのいい節目ですよね。


もし、受験生のお子さんがこちらのブログをみていたら(あまりいないかな(^_^;)、入試の結果の如何に関わらず、親御さんに感謝の言葉を伝えましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



一宮市大和町妙興寺の次世代型自立学習塾e-Study


http://www.e-study.school


にほんブログ村に参加しています。

よろしければ、↓のバナーをポチッとお願いします。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村