”その口に入れたものは、どっちの「空腹」?” | インドとアーユルヴェーダと私。

インドとアーユルヴェーダと私。

2013年3月からインド移住。アーユルヴェーダやインドについて、思う事いろいろ書かして頂いてます。www.nomadasia.net 現在はインド嫁として嫁アカウントで漫画ブログ発信中https//ameblo.jp/indoyome/

このブログは、アーユルヴェーダ歴12年。と

国家資格を持つアーユルヴェーダ医師のアドバイス


を元に、


できるだけ、お金をかけず、

出来るだけ手に入るもので、

出来るだけ我慢しないで

生活習慣を変えるだけでやせられるか。


実践していく週間ダイエット日記です。


以前こんなのを書きました。

空腹のタイミングはドーシャの傾向によって違うんです。この辺りは、今月のアーユルヴェーダ勉強会でやりたいと思います。


ピッタが強い方は、お腹が空くとわかりやすいです。イライラします。ちょっと食べるだけで満足しますが、すぐお腹が空きます。

ヴァータが強い方は、状況によります。例えばお腹が空いてなくても、周りが食べると食べたり、逆に忙しいと食べなくても平気とか。

カファが強い方は、量が多いか、食べてるものは炭水化物が多いです。味の濃いのも好き。



食べ物の好みや、食べ方は体質に関係します。ですが、どうしても好きなもの=自分のドーシャの多いものになりがちです。

このドーシャに左右されないものが一つだけあります。

白湯です。

白湯は、実は作り方があります。
白湯はヴァータピッタカファのバランスを取ってくれます。 火で沸かす、水を沸かす、風で冷ます  だからです。

なので、ベストはガスで沸騰させたお湯をうちわで扇ぐのが一番いい白湯ですが、そこまで厳密にしなくていいです。あくまでできる範囲で。


紅茶やコーヒーや緑茶と白湯は違いますのでご注意下さい。

水を3L毎日飲むようにしてますが、とにかくトイレの回数がめちゃめちゃ増えてます滝汗