選挙つれづれ | 無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

2011年春、愛知県愛知郡東郷町諸輪畑尻山90番地に、すべての人がノーマルに生きるための農園が誕生しました。その名も『ノーマ農園』。

先日、各党の党首討論会を少し視聴しました。

各人例外なく、自らの党の支持者にとって聞こえの良いことを述べておられましたが、疑問が湧いてきました。

 

皆さんがおっしゃっている日本にする為に、貴方の一日の時間のうち何時間をどのような行動に割いておられますか?

 

思うだけなら誰でも思う、言うだけなら何でも言えるのです。

行動こそが社会を変えていけるのでしょう。

 

小市民の私は、私にできる事を淡々とやってゆきながら、選挙で一票を投じて希望を託すのですが、託すべき党が見当たらないのです。

帯に短し襷に長しです。

 

日本を幸せ率100%の国に導いてくれる人や党が出てこないかな。

今の社会にある種々雑多な問題を、根本からなくしてしまう国づくりを目指す政治家や政党が現れないものでしょうか。

全国には点で存在していると思うのですが、その存在はほとんど知られていません。

 

全くの思いつきですが、2つのアイデアが浮かびました。

一つは、投票率が一定以上でない選挙はやり直すという法律を作る。

具体的な数字については、それぞれ意見があると思います。

 

もう一つ、お金を賞味期限付きのお金とそうでないお金に分けて、賞味期限がないお金の所有額を一律一人いくらかに固定する。

法人格については、売上や資本金の多寡で決める。

これをやったら、世の中に眠っていたお金が一気にめぐり、ハイパーインフレになる可能性があるので、適度な賞味期限の長さを決める必要がありそうです。

 

龍人さんが伝えている「お金のいらない国」は、幸せ率100%に近いのではないでしょうか。

とはいえ、お金のいらない国で暮らすには、私たち自身がもう少し人間的成長を遂げる必要がありそうです。

https://www.facebook.com/ryujin.nagashima