主体的な生き方をするための4つのポイント | 無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

2011年春、愛知県愛知郡東郷町諸輪畑尻山90番地に、すべての人がノーマルに生きるための農園が誕生しました。その名も『ノーマ農園』。


テーマ:

早速始めます

1番目のポイントは、「セルフイメージを高める」です。

セルイメージを高めるというと、自分には何でもできるという万能感や全能感を持つことであるという誤解をされる方が多いのですが、万能化や全能感はおごりを生み出す誤ったイメージです。

セルフイメージが高いとは、どんな状況であっても自分は建設的にこの状況を脱出し未来を作り上げて行けるという自分への信頼が高い状態のことを言います。

 

そのためには、小さな達成体験を地道に積みかせてゆくことが一番のようです。

小さなこととから一歩ずつです。

どんなことでも良いので、自分で決めてそれを実行することを繰り返して行くのです。

野口嘉則さんは、良書を読んではそれを実践することを繰り返してこられたようです

 

2番目は、「変えられないものと変えられるものを区別する」です。

人と過去は変えられない、自分と未来は変えられるという言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、変えられないものを変えようとする行為は主体的ではなく相手に依存した無謀な行為です。

農業でいえば、天気は変えられないものですから、それに寄り添い自分ができることをするということになります。

変えられないものは、そっと受け入れる平静さが必要です。

変えられるものには勇気を持って変える行動を取りたいものです。

なにより、変えられるものと変えられないものを区別する賢明さを持ちたいですよね。

 

3番目は、「自分の物差しで相手を裁かない」です。

正しさは人の数だけあると言われています。

それぞれがそれぞれの正しさを押し通せば、衝突が起こり相手との関係性が崩れてしまいます。

それでは、望む人生は望むことができなくなってしまいます。

 

先回、望む人生を考える際に6つの視点(仕事、経済、家庭、人間関係、趣味生きがい、健康)をお伝えしましたよね。

 このどれも、自分以外の人との良好な関係が無ければ実現できないものばかりではないでしょうか?

 

4番目は、「自分の価値観を明確にしてそれを内面化する」です。

どんな人生を実現したいかを明確にすることです。

実現したい人生を先ほどの6つの視点から考えると考えやすいですが、それにこだわることもありません。

 

内面化する方法は、

1.価値観を書きだす

2.それを毎朝読む

3.価値観に沿った行動が取れなかった時に

being(感情)レベルで自分を受容する

doing(行動)レベルで今できることを選択し実行する。

 

 

ノーマ農園(山口伸一)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス