主体的に生きる | 無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

2011年春、愛知県愛知郡東郷町諸輪畑尻山90番地に、すべての人がノーマルに生きるための農園が誕生しました。その名も『ノーマ農園』。


テーマ:

主体的に生きることは、人生に好ましい変化を生み出すためにはとても大切な習慣であるようです。

 

主体的に生きると聞いて、どんな生き方なんだろうと思われますか?

少し時間を取って考えて頂けると嬉しいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私は、自分から積極的に行動を起こすことかななんて考えていましたが、実はもっと深い意味がありました。

皆さんもご存じの「7つの習慣」というミリオンセラーの本の中でも、第一の習慣として主体性を発揮することが述べられています。

 

野口嘉則さんによると、主体的に生きることには2つの意味があるそうです。

一つは、自分の人生に対して自分で責任を引き受ける。

二つ目は、自分の望む人生を実現すべく率先して行動して行く。

つまり、おかれた状況の中で常に自分にできることを選択し実践して行くことです。

 

責任という言葉を重苦しく感じる方もいるかもしれませんが、責任とは自分を責めることではありません。

おかれた状況の中で、自分に何ができるかを選択する能力のことです。

 

人のせいにする被害者の人生や自分を責める自己否定の人生は、無力感を醸成します。

一方、主体的な生き方は自分の人生において主役になる生き方で、うまくいこうがいこまいが自己効力感や有能感を呼び起こしますよね。

 

ある出来事が起こった時に、人はそれぞれのスキーマ(考え方や感じ方)によって選ぶ反応や行動が変わってきます。

そこには選択の自由があるはずなのですが、通常は自分のお決まりのパターンで無意識的に反応して行動してしまうものです。

自分が望む人生を実現する為に、必要な選択をして実践できるかがどうかがキーになります。

 

そして、その反応が望む人生を実現する事とは異なる反応をしてしまった時にはどうすれば良いでしょうか?

まずは、いつものパターンに気が付くことが必要ですね。

そして、望む人生とは逆の行動をとってしまった自分を受容してあげてください。

そんな自分を受容して上で、自分が望む人生を生きるための反応を選択し直すことが必要になります。

 

自分が望む人生が何だかわからないという方もお見えになるかもしれませんね。

そんな方は、仕事、経済、家庭、人間関係、趣味生きがい、健康についてどうなっていたいかを紙に書いてみると見えてくると思います。

 

次回は、主体的に生きるための4つのポイントについてお伝えしますね。

 

 

ノーマ農園(山口伸一)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス