今年のお礼とこれからの活動 | 無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

2011年春、愛知県愛知郡東郷町諸輪畑尻山90番地に、すべての人がノーマルに生きるための農園が誕生しました。その名も『ノーマ農園』。


テーマ:

今年も一年間、ノーマ農園とのご縁を頂き支えて頂きた皆さんに、感謝の波長をお届けしたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

振り返ると、1月早々に研修生として参画してくれた高橋くんが、5月から本格的にノーマ農園の栽培に参加してくれて、記録的な暑さの中でもへこたれることなく二人三脚でやりきることができました。

そして、販売所や倉庫、見晴らし台の建設と大活躍してくれた高橋君は、ノーマ農園の活動の中で自分のやりたいことを見つけて、来年から拠点を豊田市の旭地区に移してノーマ農園をサポートしてくれることになりました。

 

中上さんは、変わらずメインサポーターとしてノーマ農園の野菜をシェアする援農活動にいそしんで頂き、永野哲ちゃんは8月から本格的にノーマ農園の野菜のシェアサポーターとして参画してくれました。

 

花プロジェクトの活動を通じてご縁ができた花子さんは、ノーマ農園に華やかさを吹き込んでくれました功労者です。

 

購入サポーターの皆さんの中にも、ノーマ農園の活動に参画して頂けて嬉しい一年でした。

 

 

さて、2019年がノーマ農園にとってどんな年になるかは神のみぞ知ることですが、こんな風になったらいいなというのはあります。

 

●現在行っている土壌改良の効果が表れてくれて、無農薬でもいろいろな野菜が立派に豊かに育ってくれる農園になってくれると嬉しいです。

そうなれば、販売や購入してくれる皆さんにも喜んでいただけるのではないかと思います。

 

●花プロジェクトが進み、野菜と花と果樹が共演する農園になると楽しいです。

 

●果樹園のいろいろな果樹が実を付けてくれるといいな。

 

●農園内のコミュニティースペースや見晴らしデッキを活用頂き、にぎわいのある農園になったら更に嬉しいです。

 

 

来年は私にとって還暦の年になるので、農園を大きくしたり売り上げを大きくしたりということではなく、中身の充実にフォーカスして行こうと思っています。

 

中身とは、農園の土壌改良、野菜の品質、ノーマ農園の農法のブラッシュアップ、そこで活動する人達の心の充実や成長、そして生産者、販売者、購入者がウィン・ウインになれる農業の形の模索です。

 

要するに、ノーマ農園を開業した時の初心に戻るということです。

 

そんなノーマ農園でもいいよと思って頂けるのであれば、変わらずのご支援をお願いします。

 

 

ノーマ農園(山口伸一)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス