土壌改良工事中 | 無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

2011年春、愛知県愛知郡東郷町諸輪畑尻山90番地に、すべての人がノーマルに生きるための農園が誕生しました。その名も『ノーマ農園』。


テーマ:

ノーマ農園の粘土層を、空気と水が流れる土壌に変えて行くための工事を25日から行っています。

ひたすら土木作業ですので、体がなまっているというかはご協力をお願いします。

 

表層から1mの深さに溝を掘り、その中に木の皮を敷き詰めてから土を埋め戻します。

その溝を水と空気が流れることで畑全体に空気と水が流れる道筋が無数にできることを期待しています。

今年一年かけて、高橋君と一緒に考え出したノーマ農園独自の土壌改良方法です。

さて、どうなるか?

結果は1年後くらいから現れてくると思います。

 

地中深く眠っていた無機質な粘土層が地上に現れたので、腐葉土と燻炭、植物醗酵資材で表層の菌叢を整えます。

自然の力で栽培する農法は、土の再生からスタートすることが大切だと思いますが、その方法は多額のコストを要します。

 

そんな中で考え出した今回の方法は、土壌の深い所でに空気と水の流れを作りだし畑全体の土壌改良を促す効果を期待していますが、木の樹皮に含まれる抗菌物質で土壌の菌を減らしてしまったり、分解しにくいリグニンという炭水化物が地中で分解する際に、地中の窒素分を吸収してしまうために土壌が窒素不足になるリスクも抱えています。

 

新しいことを行うためにはリスクを伴いますが、そんなチャレンジに挑んでいます。

 

 

ノーマ農園(山口伸一)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス