自然栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

2011年春、愛知県愛知郡東郷町諸輪畑尻山90番地に、すべての人がノーマルに生きるための農園が誕生しました。その名も『ノーマ農園』。


テーマ:

先日、野口嘉則さんのオンライン自己実現塾で学んでいるエッセンスを皆さんにシェアさせて頂いた中に、思考を柔軟にして過度にネガティブな感情を味あわなくてすむ方法をお伝えしました。

後で読み直してみて、説明が不足していたのではないかと反省して補足させて頂きます。

 

思考を柔軟にすると言っても、私達は子供の頃から親や社会から影響を受けてそれに順応するように生きてきたので、気が付かないうちに考え方に歪みが生まれています。

いわば、事実を色眼鏡で見ているのです。

厄介なことに、色眼鏡は生まれてから自分を守るために自然にできてしまうので、自分が色眼鏡で見ていることになかなか気づかないのです。

色眼鏡で見ていることに気づかなければ、自分の考え方が歪んでいるとは気が付かないのです。

 

ここでいう歪んでいるという意味は、非適応的な考え方という意味です。

非適応的考え方で世の中を見ると、ネガティブ感情に振り回されて生きずらくなるのです。

それを、適応的な考え方にするために思考を柔軟にすることが重要なのです。

 

例えば、人は礼儀正しくなければいけないという考え方を強く持っていたとすると、礼儀正しくない行いに遭遇した時に過度に怒りの感情が湧いてきたり、自分に対しても過度に礼儀を重んじる行動を強いたりして窮屈で生きずらくなりますよね。

そんなときの簡単な柔軟法は、「人は礼儀正しいに越したことはないけれど・・・」と考えるのです。

この・・・には、「そうできないときもあるよね」とか「忙しくて余裕が無いときもあるよね」とか柔軟な言葉が続きますよね。

 

自分の中に「こうあるべき」とか「こうでなければいけない」、「こうしてはいけない」、「こうしなくてはいけない」というお決まりの文句があることに気づけば、それを「〇〇であるに越したことはないけど・・・」と置き換えて考えることでずいぶん楽になります。

 

「〇〇であるに越したことはないけど、やっぱり〇〇であることが良い」と思う人は、その〇〇に強く執着した考え方を持っていることを自覚してくださいね。

 

ここで一つ落とし穴がありますのでお伝えしますね。

自分の考え方の癖に気が付いたとして、それを否定したり変えようとすると、ますますその考え方に固執する結果になるということです。

わかりやすい例をあげます。

「今から5分間、カツカレーのことだけは考えないでください。」

といわれると、ついついカツカレーのことが頭に浮かんでしまいますよね。

それと同じで、何かを変えようとすると変えようとするものにフォーカスすることになり、ますますその変えようとするものに固執してしまうのです。

ですから、自分の考え方の癖に気が付いたら、それを変えようとするのではなく、新しい適応的な考え方を取り入れて選択の幅を広げてより柔軟な考え方ができるようになると良いのです。

そうすることで、今までよりずっと生きやすくなりますよ。

ノーマ農園(山口伸一)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。