思考を柔軟にすることでネガティブ感情に振り回されにくくする | 無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

無農薬栽培 みんな集まれ!ノーマ農園

2011年春、愛知県愛知郡東郷町諸輪畑尻山90番地に、すべての人がノーマルに生きるための農園が誕生しました。その名も『ノーマ農園』。


テーマ:

先月は、感情(インナーチャイルド)に寄り添い受け入れ感じて味わうことにより、自己受容が深まりネガティブな感情も解放できるというお話をさせて頂きました。

でも、出来ることならなるべく過度なネガティブ感情を感じることなく過ごしたいですよね。

 

それにはちょっとしたコツがあります。

私達はみな思考の癖があって、その癖により過度なネガティブ感情が湧き上がってくるようなのです。

その思考の癖を知って思考を柔軟にすることにより過度なネガティブ感情が湧き上がってこなくすることができるのです。

 

感情が湧き上がってくるメカニズムは下記です。

出来事があり→それぞれの受け止め方で頭の中でセリフをつぶやく→感情が湧き身体的反応が表れ行動を起こす

 

一例をあげましょう。

ある時ゴミ出しに行ったらAさんはご近所さんにご挨拶をしました。

けれどもそのご近所さんは、Aさんを無視するように何も挨拶せずに戻って行ってしまいました。

この時Aさんは、これからもご近所さんと上手くやって行けるかしらと不安な気持ちになりその日は家に閉じこもってしまうかもしれませんし、私が挨拶しているのに無視するとはけしからんと怒りの感情が出て、むかむかしたまま家族に八つ当たりするかもしれません。

それは、Aさんの受け止め方に依るのですね。

 

出来事が感情を引き起こすのではなく、その人の受け止め方の癖により頭の中で言葉をささやき、それが感情を引き起こすのです。

ですから、その受け止め方を固定したものではなく柔軟な思考に変えることで過度にネガティブな感情を感じずに済ませることが可能になるのです。

 

これには、ある種のスキルが必要なのですが、このスキルについてお知りになりたい方はご連絡ください。

 

ポイントは、今この瞬間自分の中に起こっている感情や思考を、良い悪いの判断をせずにあるがままに気づくことです。

そして、その気付いた感情については受容して味わう、その感情を引き起こした思考については、気づいてあげた後に他の考え方ができないかを考えてみることです。

 

このコツを身につければ、ネガティブ感情についても適度に感じることはあっても過度に感じて振り回されることがなくなってきます。

ノーマ農園(山口伸一)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス