つれづれ~2016年抱負~ ☆1月11日☆ | 【やさいやふうど】美味しい・採れたて野菜あります。

【やさいやふうど】美味しい・採れたて野菜あります。

東急池上線・雪が谷大塚にある産直青果店“やさいやふうど”のブログです。
野菜や果物を食べること。もっともっと楽しめます!
店長ノムラが季節の採れたて食材と共に、日々のあれこれお伝えします。
good vegetables & fruits make us happy!


テーマ:
さて。。先の投稿に反響がありますが。。ここ最近思うことを。


◆農薬使用不使用にこだわらない。
◆採れたての美味しさを伝える。
◆誰が作り、いつ収穫して、ここに届いて並んでいるかわかる。


文字上、とっっってもシンプルな
(でも奥深く、結構なコミュニケートを必要とする)
(そして手数かかってケッコウメンドウでたいして儲からナ…)

この仕事&このお店に、少なからず共感してくださる方もいらっしゃいます。


手前味噌ですが、曲がりなりに(予定に全くなかった)独立起業を選んで続けて。
同じ地域で同じこと8年居座ってやってきてよかったと思えます。



年末商戦も盛況のうちに営業を終え、迎えた2016年。

『今年も野菜よろしくね!』とお客様から挨拶していただきましたキラキラ

びっくりしました。。これ、私たちが伝える言葉ですよねあせる
思いもがけない声掛けに新年早々嬉しくなりましたニコニコ
繁忙期の殺伐とした中でも、手数(てかず)かけて仕事してよかった。


同時にほっとしましたお茶
あーすれば、こーすればと思うこともあります。
改善改良は、常に心がけてまいります。

『正月野菜、美味しかった!』
この一言でようやく安心して年を越せ、遅ればせながら新年を迎えた気持ちになれました。

「届けてくれてありがとう」
「三浦大根、味滲みておいしかった」「小松菜また買いに来た」
「やっぱ季節に1回は赤根ほうれん草食べなきゃね」
「このキャベツ、次いつ入るの?」「おそば、来年もあるといいな」
「小粒みかん、食べられちゃって足んなかったよ」・・・


新年開店早々お受けした言葉、ひとつひとつ。心の支えです。
良い言葉の循環は本当に嬉しいですし、次の期待に応えるべく身も引き締まります。

店主、なかなか笑顔が出ないカオしてますが、、喜んでますニコニコ




*****************

当店が自然食品店でないことを残念がる方がいらっしゃることも承知してます。
すごく残念がられます(汗

自然食品店と共通する農家さん/業者さんもいますし、同じ食材もあります。
月曜には農薬不使用のヴェジキュー野菜も販売しています。
それでも、栽培方法だけを前面に出して販売をすることはしません。
※過去ブログ→ ヴェジキュー野菜は無農薬だからおいしい、だけではありません。
※過去ブログ→ 誰が作ったかわかる、うまいもん屋

「モノ」を通して売り買いをする以上、
「モノ」への期待に応え、不安にもできる限り寄り添いたい。
その点は真摯に向き合っているつもりです。準備も怠りません。

以前のブログのどこかにも書きましたが、
当店で扱う「モノ」=野菜・くだもの・食材に関して、
買う皆さんひとりひとりの食生活を担っている、くらいの心積もりで仕事しています。

中途半端な(=きらびやかな文言、根拠の少ない、コピペするだけの)安心安全を謳ったり、
できもしないことを言って安心させて商いをするつもりはありません。
営業に向いてないともいえます(((滝汗

・・・・。

個人的な見解ですが、自然食品という土俵・職場は元々存在しないと考えてます。
商売は人の手が加わります。
特に情報戦になりがちな現在、自然を強調するほど不自然なことはありません。
奇跡や感動のストーリーも、一歩引いてみると単なる売り文句に過ぎない。
もうそういった販売方法で集客する時代、
危険を煽ってウチは安全という比較で集客する時代は過ぎました。

日常の食生活こそ、一番尊いと私は思っています。
そのうえで当店が大切にしている基準。「唯一のこだわり」といってもいいです。

作り手が確かなこと。

売り手・買い手にとって、
これに勝る“売り文句”“ストーリー”はないですし、
これに勝る“相互の信頼関係構築”や“情報の確保”もないでしょう。




先の投稿「安全は、栽培方法では大して違わない(食べる時点では)」と書きましたが、

「じゃ、農薬を使うorつかわない、何の違いで買うのですか?」と聞かれることもあります。

『ライフスタイルの違い』と私は答えてます。

もっと平たく言うと『雰囲気』もしくは『好きか、嫌いか』 でもいいです。ただそれだけです。


*****************

もとの話に戻りまして汗

私が扱う「モノ」は食べるもの。
栽培ルール/テクニック/ストーリーが主題になるよりも。
“美味しさ”と“食べる楽しさ”を第一に安全への準備を怠らず。

美味しいものを、美味しい状態でお渡しする。

私がすべき“仕事”をひとつひとつ。今年も取り組んでいこうと思うのでしたニコニコ


↓明日新年初売り・クロノパン(冬季限定・クロワッサン)↓


******************************
★コラム一覧★ タイトルをクリックしてください。

店主自己紹介 ~元・トマト嫌いの店主~
野菜を買うとき
当店の特徴/採れたての良さ
有機JAS・農薬不使用・慣行栽培の違い、実は小さなもの。
自然栽培という表示を使わない理由
有機を“超えた”産直青果店・食料品店でありたい

☆今月の営業 → こちら

野菜屋・のむてんちょさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス